看護師の重圧は減らない

涙を流す看護師

  • いつかミスをしてしまうかもしれない
  • 毎日毎日が緊張の連続で精神的に辛い
  • プレッシャーが大きく耐えられない

そんな看護師さんには残念なお話かもしれませんが、看護師の重圧は減らないものです。

ですから、減らすのではなく、軽くすることを意識してみてください。

重圧を軽くすることは良い仕事に繋がります。

  • いつか大きなミスをしてしまうかもしれない。
  • 先輩の監視の目がプレッシャーになっている。
  • いつも緊張感でクタクタになってしまう。

プレッシャーの多い看護師の仕事ですが、だからこそ絶対に不可欠なのが、

  • チームとして機能しているか?
  • 職場の人間関係はいいか?
  • ケアをする機能があるか?

です。少しの重圧はいい仕事を生み出しますが、その負担が大きすぎるとミスに繋がる可能性があります。

人間ですから誰でもミスをするものです。そのミスを致命的なミスにしないために「チーム医療」というものが存在します。

重圧で押しつぶされそう、辞めたくなっているという方は、まずはご自身の勤務されている病院の状態を確認しましょう。

看護師の重圧をケアするための環境チェック

特に命に直結している科では必要といえます。重圧を少しでも和らげ、減らすために以下の3つが重要となります。

  • チーム医療が名ばかりになっていないか?
  • 一人にだけ大きな負担がかかっていないか?
  • プレッシャーで生まれるストレスがケアされているか?

命と直結しているため重圧がゼロになることはありません。しかし、その重圧を減らすことは環境が作り出します

あなたの病院はどうでしょうか?

もし基準を満たしていないなら、あなたは今の環境で働き続けることは危ないといえるでしょう。

現在の就業施設で改善する余地がないなら”転職”を考えるべきといえます。

重圧に耐えられない看護師の対処法

どうしても重圧に耐えることが出来ない。それは恥でもなければ、情けないことでもありません。

むしろ重圧でダメになってしまう前に決断することは賢い選択といえます。

では、重圧に耐えられないときの解決方法としては何があるのでしょうか?

選択肢としては、

  • 重圧のかからない科に異動・転職する
  • 看護師の資格を活かせる仕事に転職する

があります。

重圧のかからない科に異動・転職する

例えばICU、心臓外科、救命、産婦人科は少しのミスが命に直結していたり、訴訟リスクがある科といえます。

また、救命や心臓外科はピリピリしている職場が多いのも特徴です。

同じ病院であっても「これほど違うの?」と感じる看護師さんも多いです。

一方で、眼科、皮膚科、内科、リハビリテーション、整形外科などは生死に関わることが少ない科といえます。

看護師の資格を活かせる仕事に転職する

看護師と言っても何も病院だけが働く場所ではありません。

福祉施設、訪問看護、企業の保健室、外来のみの病院、健診センターなどが候補になるでしょう。

病棟よりは重圧は少なくなります。病棟のように派閥があったり、医師にイライラすることもないですよ。

勤務時間は看護師のように激務ではないところも多いです。夜勤についても施設の種類によってないところもあります。

ただ、これもピンきりの部分もあるため事前に確認をしておきましょう。

このページの先頭へ