循環器の経験を活かせる仕事の目次

循環器の経験が活かせる職場

心電図

循環器科の看護師は脈や血圧などのバイタルサインのチェックは欠かせません。

これはどの科でも必要とされる事ですが、採血や点滴などが苦手な看護師もいますので、こういった事を多く経験する循環器科の看護師は、どこの科でも臨機応変な対応ができるのは強みとなります。

心電図やエコーも扱いますから、心臓外科などでもこの経験は活かせるでしょう。

他の科の看護師で心電図を読める人は少ない…というよりも循環器を経験していなければ出来ないことです。

循環器内科・外科で異なる選択肢

循環器科には循環器内科と循環器外科がありますので、どちらの経験があるかによっても選択肢は変わってきます。

循環器内科の場合は心臓外科とチームを組む事もあるので、心臓外科への転向も選択肢の一つです。

また外来なのか、入院や手術なども行っていた病院なのかによっても多少は変わってきますが、循環器科の看護師として働く場合には、医療機器に関する高度な知識なども求められます。

病棟勤務の場合は集中治療などにも携わるので、CCU(Coronary Care Unit/冠疾患集中治療室)に関する知識や経験も大きな武器になります。

例えば循環器内科から循環器外科への転向、心臓血管外科への転向なども可能です。

ただし最初にも触れましたは、循環器科はとても患者数が多いので仕事はハードになる傾向があります。

体力面や精神面でのタフさも求められますが、その分やりがいもあります。そこから全く違った科に転向した場合、あまりにも今までと違うので逆に気後れしてしまう可能性もあります。

簡単にいえば循環器を辞めたい理由が忙しくて辞めたいなら選択肢は多いといえます。

他の科から循環器科への転向はハードルが高くなりますが、循環器科での経験がある看護師はそれなりのスキルを持っているので需要は高いと言えます。

後は福利厚生などの待遇面で決めていけば、今よりもいい条件で仕事が見つかる可能性は高いと言えます。

循環器看護師からのスキルアップ

循環器科の看護師は高いスキルを求められるので、高度医療や最先端医療などチーム医療に携わるのもいいかもしれません。

今はひとつの科にこだわらず、いくつかの科でスキルを磨く看護師も増えています。

心臓血管外科なら循環器科での経験を最大限に活かせる事もあって、心臓血管外科に転向するのが最も有利でしょう。

もちろんその他の科でも通用する部分がありますし、元々高いスキルを持っている人なら高待遇の転向も可能です。

循環器科の看護師は心電図や、心臓カテーテルに関しての高いスキルもあるので、血管や心臓に関わる科への転向も有利となります。

循環器を辞めたい理由

循環器の看護師が辞めたい理由の多くは、

  • 的確に観察する能力が要求される
  • 素早い判断が要求される
  • 患者数が多く忙しい職場が多い
  • 常に緊張感がある
  • 怖いナースが多いように感じる
  • 死に直面することが多い

など循環器の看護師には要求されることも多いです。

急変をすると死に直面することも多いですし、不整脈や血圧の状態など少しでもミスがあると命取りになることもあります。

それゆえプレッシャーがありますし、12誘導など心電図の専門性知識も求められる特殊な科であるといえるかもしれません。

日々の勉強も重要ですが学ぶことが多い魅力のある科でも有ります。

循環器からの転職で注意すること

循環器に勤務する看護師さんは「辞めたい」と思う看護師さんもいれば、勉強熱心な方もいます。

辞めたいという看護師さんは前述の通り選択肢は非常に広く、他の科でも十分に経験を活かして働くことができるでしょう。

もしも循環器に勤務をしたくないのであれば、プロのキャリアコンサルタントに相談してみるのも良いかもしれません。

あなたの経験と希望条件にあわせてベストマッチな職場を紹介してくれます。

反対にキャリアアップを目指して辞めたいと思う方もいると思います。

循環器でキャリアアップをするなら高度医療などの道もありますし、慢性心不全看護認定看護師という道もあります。

こういったキャリアアップを目指すのであれば、認定看護師の援助をしている病院を探すことがおすすめ。援助をしている病院では高度な医療ができる設備も医師もいるため大きくステップアップできます。

サブコンテンツ

循環器の新人看護師

循環は看護師の中でも1、2位を争う厳しい部署です。

そのため辞めていく新人看護師も少なくないのが現状。特に教育制度が整っていない病院だと「みて学べ!」的な風潮があるからつらいものがあります。

短期間で辞めると次がみつからないかもと思う人もいるでしょうが、心配しなくても大丈夫です。

ただし、周りが熱心に指導してくれる職場なら3年頑張ってみるといいですよ。

孤立している、誰も指導してくれないというい状態なら転職もあり。病気になると数カ月間の空白期間があくため働きながら仕事探しを始めた方がいいですね。

このページの先頭へ