価値観の違いを埋めることは難しい

価値観の違いを埋めることははっきり言って不可能です。

新卒なら可能かもしれませんが、中途で何年も働いたことがる経験者は難しいです。

  • 現実を受け入れる
  • 別の病院へ転職をする
  • 自分が偉い立場に立つ

上記の3つしかありません。仮に自分の立場が偉くなったとしても、他人の価値観を変えることは難しいでしょう。

「価値観の差をうめるのではなく受け入れる」という考えが必要です。

もし受け入れることが出来ないのであれば、価値観のあう病院へ転職という選択しかありません。

同じ価値観の看護師を探す方法

仕事に対して自分と同じ価値観のある病院を探すために必要なことは一つだけです。

それは上に立つ人の考え方を知ることです。看護師長、看護部長、院長など役職の高い人の看護観であったり、性格や思想を知ることです。

たったひとりの看護師の考えが反映されるわけでなく、それまでの病院の風習や風土が作り出します。

そのためにも役職者の考えというのは転職する上で確認しなければなりません。

価値観を知る上で重要な情報

応募先の病院の詳細を知るにはハローワークやナースセンターよりも求人サイトの方が詳しく知ることが出来ます。

求人サイトのメリットはただひとつ。かなり細かい情報まで知ることができることです。

営利を目的にしているため他のサービスよりも何かしら優れていなければ誰も使わなくなります。

誰も使わなければ企業は倒産します。そのため求人サイトでは多くの情報を集めます。

離職率、退職した看護師の理由、院内設備、電子カルテの有無、看護部長の性格や看護観・経歴、残業時間、有休の消化率などあらゆる情報を集めてくれます。

その中でも仕事の価値観を知るには「働く体制」に着目する必要があります。

  • 残業削減への取り組み
  • 改善するための仕組み
  • 病院の理念
  • 看護師長・部長との会話

これらのことを確認しておくことで、自分と病院で働く看護師達との仕事への取り組み方がわかってきます。

上記にプラスして病院見学では現場で働いている看護師さんを観察するとより正確性が増します。

こういった情報はハローワークやナースセンターでは知ることが出来ません。そのため求人サイトも併用して、情報の取得には余念がないようにすることが重要です。

最後に価値観の違いを感じて転職後、すぐに辞めた看護師の体験談をご紹介します。

価値観の違いを感じた看護師の経験談

私は夫の転勤に伴い転職をした経験があります。転職前に働いていた病院では、役職などに関係なく意見をいえる職場でした。例えば、看護マニュアルに記載のあることでも、もっと効率の良い方法があったり、丁寧な方法があれば言いあえる職場でした。

その病院では月に1度職場環境改善会議というものがあり、誰でも議題をあげる事ができました。病院全体で残業を減らす取り組みもあり、残業は月10時間もいかないぐらいでした。そんな職場で働いていたということもあり、転職先の病院には驚くことが多々ありました。

転職先では「残業=頑張っている」というい雰囲気がありました。必要な残業であれば私も納得をするのですが、明らかに違っていました。まず、勤務中の無駄話。コミュニケーションをとる上である程度は必要だと思います。しかし、この病院ではとにかく無駄話の時間が長いのです。また主任に報告書を作成するのですが、終了時間になってようやく書き始める始末。

一番違和感を感じたのは申し送りのときです。患者さんの状態などについて終わると無駄話の開始です。私が勤務時間終了後に帰ろうとすると「もう帰るの?」という顔をされます。

一度、主任と師長に相談したこともあります。でも、皆とコミュニケーションをとることも重要ですよと諭されるように言われました。反対に私が注意を受ける形になり、この病院ではやっていけないと感じました。

根本的に仕事に対する価値観が違ったのだと思います。

このページの先頭へ