看護師のスペシャリストへの道の目次

スペシャリストとジェネラリストの違い

病院の待合室

キャリアを考える上で「スペシャリスト」を目指すか?「ジェネラリスト」を目指すか?でキャリアプランも変わってきます。

広い看護ケアの知識と技術を持つジェネラリスト、特定の専門領域において高い知識と技術を持つスペシャリストでは病院での立場や仕事内容が変わってきます。

以下は一般的なスペシャリストとジェネラリストの仕事内容の違いになります。参考にしてどちらを目指すかをご自身の中で答えを出していきましょう。

スペシャリスト 看護現場での高水準の看護ケアの実践をするだけでなく、最新のエビデンスにも精通しているため院内教育の他にコンサルテーション的な役割を担う。
ジェネラリスト ベッドサイドに近い立場で看護ケアを提供する。良い意味で専門分野がないため一つの部署にとどまらず複数の部署を横断的に活躍することも多い。

どちらが優れているというわけではなく、ご自身がどちらを目指すか?で進むべき道を決めると良いでしょう。

興味がある分野があったり、指導的役割を担いたいのであればスペシャリスト、患者さんに近い立場でライスステージ毎に多様な働き方をしたいならジェネラリストを目指すと良いと思います。

以下にはスペシャリストになる方法について説明をしています。

看護師の二つのスペシャリスト資格

看護師がスペシャリストを目指すには目標設定をすることをおすすめします。そこで目標にしやすいのが看護師のスペシャリスト資格である「認定看護師」と「専門看護師」です。

認定看護師 高い看護ケアの技術および知識を有して患者さんと向き合って臨床現場で活躍したい
専門看護師 困難な現場の状況に対して患者さんだけにとどまらず看護職員のサポートをしたい

どちらを取得するかは「将来的な働き方」や「勤務している病院のバックアップ体制」の他に金銭面も考慮する必要があります。

認定看護師とは?

特定の看護分野において、熟練した”看護技術”と知識があると認められた看護師や保健師、助産師です。高い水準の看護ケアの実践をするだけでなく、看護師に対する指導・相談活動を行います。

認定看護師になると何が変わる?

  • 資格手当や役割変更による年収アップの期待ができる
  • 高い看護ケアの実践に加えて看護職に対する指導をする
  • 看護職からのコンサルテーション(相談)に対応する

つまりリーダー看護師として管理職的な立場にたって働くようになります。院内での立場も変わることから年収アップとなる病院もあります。

ただ病院によっては認定看護師になると部署を横断して力を発揮してもらうため夜勤から外れることもあり、そうなると資格手当てよりも夜勤手当が多いため給料が減るという可能性もあります。

尚、認定看護師は取ったら終わりではなく5年ごとに更新審査を受ける必要があります。

資格取得の条件

認定看護師の分野は全部で21分野になります。

分野一覧

救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護

役割(※) 実践、指導、相談
必須の教育課程 認定看護師教育課程(6ヶ月615時間以上)
実務経験 5年(うち3年以上は専門看護分野)
試験内容 マークシート方式・四肢択一の筆記試験
資格取得にかかる期間 最短で約1年
審査料 50,760円(税込)
登録手続き費用(※) 50,760円(税込)
授業料・実習費等 約100万円
費用合計 概算で200万円(最低100万円以上)

認定看護師の人数はどれぐらい?

日本看護協会認定部の資料によると全国(海外含めて)で15,935人が認定看護師として登録をしています。最も多い分野が感染管理、最も少ない分野が不妊症看護になっています。

感染管理は特定部署に所属せず、院内の対策チームで患者さんや面会者、医療職員を感染から守る役割があるため病棟スタッフと連携するなど活動範囲も広くなります。

内訳(2015年10月現在)は以下の通りです。

分野名 人数[人]
救急看護 1,021
皮膚・排泄ケア 2,166
集中ケア 1,033
緩和ケア 1,849
がん化学療法看護 1,384
がん性疼痛看護 769
訪問看護 500
感染管理 2,317
糖尿病看護 775
不妊症看護 150
新生児集中ケア 366
透析看護 206
手術看護 399
乳がん看護 283
摂食・嚥下障害看護 595
小児救急看護 228
認知症看護 653
脳卒中リハビリテーション看護 583
がん放射線療法看護 200
慢性呼吸器疾患看護 220
慢性心不全看護 238

専門看護師とは?

特定の分野において卓越した看護実践能力がある看護師のことです。困難で複雑な健康問題を抱えた患者・家族・地域に対し、高い水準の看護を提供するための知識や技術を備えている必要があるとされています。

専門看護師を取ると何が変わる?

  • 院内外をまたいで活躍の場が広がる
  • 専門分野における研究活動をおこなう
  • 看護職員では対応が難しい患者さんへの対応をする
  • 看護職員への指導や相談にのる

認定看護師との最大の違いが研究活動をおこなうことです。また、院内だけでなく院外の相談にも応じるケースもあります。取得者数からみても認定看護師よりも専門看護師の方が取得ハードルは高いといえるでしょう。

資格取得の条件

専門看護師の分野は全部で11分野になります。

分野一覧

精神看護、がん看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援、在宅看護

役割(※) 実践、相談、教育、調整、研究、倫理調整
必須の教育課程 大学院修士課程(総計26単位または38単位)
実務経験 5年(うち3年以上は専門看護分野)
試験内容 書類審査、看護実績報告書、論述式の筆記試験
資格取得にかかる期間 最短で約2年
審査料 50,760円(税込)
登録手続き費用(※) 50,760円(税込)
大学院の費用 130万円程度(国立大の場合)
かかる費用 概算で300万円(最低200万円以上)

専門看護師の人数はどれぐらい?

日本看護協会認定部の資料によると全国(海外含めて)で1,466人が専門看護師として登録をしています。最も多い分野ががん看護、最も少ない分野が在宅看護となっています。

分野名 人数[人]
がん看護 581
精神看護 207
地域看護 25
老人看護 79
小児看護 140
母性看護 49
慢性疾患看護 117
急性・重症患者看護 177
感染症看護 32
家族支援 37
在宅看護 22

<役割の中身について>
実践:個人、家族または集団への卓越した看護実践
相談:看護職等へのコンサルテーション
教育:看護職者に対する専門分野の教育的機能
調整:保健医療福祉チームへのコーディネート
研究:専門知識、技術向上及び開発をはかるため実践の場における研究活動
倫理調整:個人、家族、集団の権利を守るための倫理的問題や葛藤の解決

資格取得に必要なお金

認定看護師、専門看護師は共に数百万円が必要です。これは入学費・授業料などの学費、参考書代の他に生活費も必要になります。

特に専門看護師は大学院の2年課程であるため一人暮らしをする必要のある看護師さんになると500万円以上もかかる人も出てきます。

個人負担だけでは難しいため活用できるのが奨学金や院内の支援制度です。

認定看護師になるまでの費用

認定看護師は看護協会の指定する教育機関において6ヶ月615時間以上の研修を受ける必要があります。

土日のみ授業が行われるものと平日におこなわれるものがあります。

項目 金額
入学金(試験料込) 約10万円
授業料 約70万円
実習費 約10万円
教科書代 約20万円
参考書代 約10万円
審査料・登録料 約10万円
合計 約130万円

教育機関は全国どこにでもあるわけではないため看護師さんによっては住居などの生活費も必要です。

項目 金額
家賃(※1) 50~80万円
引越代 約10万円
生活費(※2) 約50万円
交通費 約10万円
合計 約150万円

※1:家賃は研修を受ける場所の家賃相場によって大きく変わります。地方と都心では月3~4万円も違うこともあります

※2:食費、光熱費、スマホ代など生活に必要なお金です

上記の他に一度退職をする場合には国民保険と年金が必要になりますので忘れないようにしておきましょう。

専門看護師になるための費用

専門看護師になるには大学院に2年間通う必要があります。認定看護師のように土日のみというのがないため仕事との両立は不可能です。

尚、入学する大学院が国公立・私立で金額は大きく変わります。以下は国立大学の例になりますが私立大学の場合は、プラスで約220万円が必要になります。

項目 金額
入学金 約30万円
授業料(2年) 約110万円
書籍費用 約20万円
実習費 約20万円
審査料・登録料 約10万円
合計 約190万円

※実習費は臨床施設への交通費の他に実習に必要な物品(実習着やナースシューズ、聴診器、血圧計など)を含みますのでお持ちの方は除外してください。

認定看護師と同じように一人暮らしをされる方は生活費が必要になります。

項目 金額
家賃(※1) 150~200万円
引越代 約10万円
生活費(※2) 約200万円
交通費 約20万円
合計 約430万円

※1:家賃は研修を受ける場所の家賃相場によって大きく変わります。地方と都心では月3~4万円も違うこともあります

※2:食費、光熱費、スマホ代など生活に必要なお金ですが節約などで増減いたします

上記の他に一度退職をする場合には国民保険と年金が必要になりますので忘れないようにしておきましょう。

資格取得の学費捻出の方法

上記の表からも分かる通り資格を取るためには最低でも数百万円が必要です。学費を捻出する方法としては貯金、奨学金、院内の制度を利用する方法があります。

貯金

予め必要な学費および生活費を予測して貯金後に資格取得を目指します。夜勤専従のアルバイトという方法もありますが、学業がおろそかになる可能性もあるのでおすすめはしません。

体力に自信があり、強い気持ちがあるならアルバイトとの併用も可能ですが、それでもいくらかの貯金は必要になります。

奨学金

日本看護協会や日本育英会など各教育機関による奨学金があります。例えば日本看護協会の「認定看護師教育課程奨学金」では、総額120万円が貸与額となっています。

その他に「高橋美智大学院教育奨学金」では一括60万円が貸与額となっています。こういった制度を利用する方法もあります。

奨学金はあくまで”借りる”ということになりますので、ローンという見方が正しいといえます。

院内の支援制度

取得した看護師さんの多くの方は院内の支援制度を利用する看護師さんが多いです。制度は各病院によって異なりますので、お勤めの病院の制度を詳しく確認をしておきましょう。

病院によっては期間中の給与を支給したり、入学金・授業料の一部を負担するところもあります。

支援制度のない病院に勤務している場合

今、働いている病院に資格取得の支援制度がないのであれば、制度のある病院へ転職をおすすめします。

  • 金銭的な負担が減る
  • 資格を活かせる職場である
  • 資格取得後に手当が貰える

というメリットがあります。お金だけでなく、”資格を活かせる職場である”というのが一番大事です。

金銭面の負担が減ることも大きなメリットですが、やはり資格をとった後に、その資格を名前だけにしないことが何よりも重要です。

認定看護師や専門看護師の支援制度がある病院は、言い換えれば資格を活かせるポジションがあるということにもなります。また、院内制度があるということは、教育熱心な病院であり、看護師を大切にしている病院であるとも言えます。

尚、求人サイトのキャリアコンサルタントに聞くと院内制度のある求人先の候補をピックアップして紹介をしてくれます。

このページの先頭へ