スキル不足の看護師は転職できる?

補聴器

スキルがない看護師でも転職は可能です。なぜなら自分ではスキルがないと思っていても実際には十分なスキルや知識が備わっていることは多いからです。

看護師さんが自分自身を”スキル不足”と評価する人の中には二つのタイプがあります。

  • 周りと比較してスキルや知識不足を感じている
  • 新しい科(分野)に挑戦するため知識が活かせない

スキル不足を感じる理由によって仕事探しの方法を変えることが重要です。また、スキルというのは給料にも直結する部分になるため、正しい評価をすることが重要になります。

客観的にスキル評価をする方法

スキルは客観的に評価をしなければなりません。

自分で評価をすると世間の評価よりも、下にみる・上にみるということは多くなります。

自分への評価が厳しい、周りのレベルが高い、比べる相手を間違っているということがあると転職においては失敗をします。

例えば、自分への評価が厳しいと実力よりも給与は低くなりますし、待遇もあまりよくない病院にしかいけなくなります。

要するに損をすることになるのです。

ただし、客観的に評価をすることは難しい側面もあります。そこで自分のスキルを正当に評価するためにも第三者を利用すると良いでしょう。

第三者にスキルを評価してもらう方法

自分を正当に評価するためにも第三者に評価をしてもらうと良いです。

方法としては、求人サイトのコンサルタントやナースセンターの相談員などが該当します。

看護師の転職で頻繁に利用されるハローワークの職員は看護師業界の知識もないため正当な評価が出来ません。

その点、多くの看護師と接しているコンサルタントやナースセンターは他の看護師と比較できるため正当に評価できます。

また、コンサルタント経由での転職であれば給与や条件面の交渉もしてくれるため給与アップはしやすい転職方法といえます。

新分野へ挑戦するときのスキルへの不安

  • 経験とは違うところで働きたい
  • 経験が少ないためスキルがない
  • 病棟経験がないけど病棟勤務したい
  • ブランク期間が長く忘れていることが多い

こういった理由でスキルや知識不足を感じる場合は、転職方法も工夫が必要です。では、どんな転職が望ましいのでしょうか?

それは未経験でもOKの求人を出している病院です。

求人探しのコツは「未経験可」の求人

ブランク期間があったり、これまでの経験とは違うところで働く場合は「未経験可の求人」がおすすめです。

通常の求人募集では、経験者を募集しています。上記に記載した看護師がこういった求人に応募をしても書類で落とされることがほとんど。

また仮に入職をしても「こんなことも出来ないの?」と言われる可能性もあります。

特に病院の雰囲気が悪かったり、教育の体制ができていない病院では入職できても不幸になります。

しかし、未経験可としているということは”育てる”や”教育する”という意識がある病院になります。

自分のスキルが分かる求人サイトの利用

自分のスキルが分からないという看護師は、まずは自分の市場での位置を理解することが必要です。

  • 自分のスキルがどんなところで活かすことが出来るのか?
  • どんな病院があなたを求めているのか?

など言ってみれば”自分の価値を知ること”が転職活動において最初の一歩となります。

自分の価値を知るために求人サイトは大いに役立ちます。

なぜなら経験を元にして求人を紹介されるため、どれぐらいの給与になるのか?どんな規模が向いているのか?など紹介される求人で自分の価値がある程度分かるからです。

このページの先頭へ