定期昇給が低い看護師業界

給与明細

看護師は初任給が30万円のところも少なくないですし、夜勤手当もあるため若いころは給与が世間よりも高くなりがちです。

若い頃は満足をしていたという方でも定期昇給が低いため年を重ねると低いと感じる看護師さんが増加します。

また、残業代が支給されない病院ですと働く時間や内容に対して”低い!”と感じることは少なくないでしょう。

給料が上がらないにも関わらず、年齢を重ねると”責任”と”仕事量”だけは増えていき疲弊してしまいます。

この給料の低い悩みを解決する手段は転職しかありません。

病院の給与制度を変えることは時間もかかりますし、一人の看護師だけではどうにもなりません。

実際に給与アップを目的に転職をする看護師はかなり多くなります。もしくは給与はそのままでも残業をしっかり払ってくれる、残業が少ない、休みが取れるなど条件面を重視する転職もあります。

給与条件や労働環境に不満があるなら転職が最も最善策になります。

なぜなら病院の給与制度を変更することは不可能に近いからです。

転職で給与アップはできるの?

給与アップを目的にした転職は比較的実現しやすいです。一方で労働環境になると実態を完璧に把握することは難しいため100%とは言えません。

給与をみるときは以下の点がポイントになります。

  • 基本年収の金額(月収および賞与)
  • 残業時間と残業代の支給(サービス残業がないか?)
  • 退職金の支給条件と金額(長く勤務したい場合)
  • 無給の勉強会があるかどうか
  • 交通費が支給されるかどうか
  • 住宅手当があるかどうか(遠方なら看護師寮の有無と金額)

上記の6点を抑えておくと給与に関しては完璧です。一人暮らしなら看護師寮があるかないかは意外と重要です。

例えば、都心なら家賃6~8万円が相場になりますが、看護師寮なら1~2万円で入居できます。

月5~7万円の費用負担が無くなるわけですから年収にすると60~90万円も違うことになります。

住宅手当は世帯主だけにしか支払われないことも多いので、支給条件もチェックをしておくようにしましょう。

給与アップ+労働環境も重視した転職

給与だけでなく労働環境も重視したいなら求人サイトを使って病院の情報収集をおこないましょう。

求人サイトでは求人票にはのらない情報がたくさん分かります。

ちなみに、求人サイトを使ったからといって無理に転職をする必要はなく情報だけ抜いても大丈夫です。

職場の雰囲気やスタッフ間の人間関係、離職率や定着率、もちろん定期昇給の割合や金額も調べてくれます。

給料の高さで看護師を目指す人へ

看護師は世間の認識では給料が高いというイメージが強いです。働く看護師からしてみると夜勤分で給料が高くなるだけで、定期昇給の金額は非常に小さい職業です。

若いうちなら夜勤が月8回でも働けたのが、30歳を超えるとキツくなります。

新卒の給料と経験5年の看護師の給料が2~3万円しか変わらないということもザラにあります。

確かに新卒看護師の給料は他業界と比べて魅力的です。

正看護師なら新卒で入職して初任給が30万円を超える病院も多いです(准看護師になると正看より下がります)

しかし、将来的なことを考えると初任給だけに目を向けるのではなく、定期昇給がどれぐらいであるかも確認して就職活動をすると良いですよ。

もしくはスキルをつけて転職をしながら給与アップを目指すという方法もあります。

ナースフル

優良求人豊富!!
年収600万円以上や500万円以上の看護師求人が豊富な求人サイトのナースフル。

転職で給与アップを目指す看護師さん必見の求人が満載のリクルート運営の看護師専門サイトです。

このページの先頭へ