意図的に看護師を使い捨てる病院は少ない

病院内部

意図的に看護師を使い捨てる病院はほとんどないと思います。

ただ意図していないくても看護師からすれば使い捨てと思われるようなことをする病院はあります。

そもそも看護師はスキルを身につけるのに時間がかかる職種です。10年続けて一人前という方もいるぐらいです。

そのため看護師を使い捨てることが多いかといわれると、そんなことはありません。

看護師よりもシステムエンジニアの方がよっぽど使い捨ての環境が蔓延しているそうです。

実際にうつ病などの精神病の労災では技術職が最も多いという統計も出ています。

しかし、看護師自身も気をつけなければ、意図的ではなくても使い捨て同然の職場に就職をしてしまう可能性はあります。

使い捨てをする病院の特徴

看護師の立場から考えた時に使い捨てをする病院とは、

  • 勤務時間が馬鹿みたいに多い
  • 病気になった時の対応が普通じゃない
  • 教育が全くない

だと思います。それぞれについてどんなことが該当するのかをみていきましょう。

勤務時間が馬鹿みたいに多い

勤務時間(残業時間)が異常なまでに多い職場です。例えば、月60とか80時間を超す残業が必要な職場ですね。

三交代の職場で残業があれば、まとまった休みすら取れなくなります。

病気になった時の対応が普通じゃない

次に病気になった看護師への対応です。どんな職場であってもうつ病など精神的な病気になる人はいます。

これは一般の大企業であってもです。ですが良い病院というのは、そういった人に対してしっかりと復職できるようにしてくれるものです。

しかし使い捨てをする病院は退職に追い込みます。上層部の管理職が追い詰めて退職を迫ってきます。

通常の企業であれば訴訟リスクを恐れて出来ませんが、実際に起きています。

教育が全くない

最後が教育をしない職場です。とりあえずマニュアルどおりにという職場ですね。

仕事は目の前のことをこなすだけで、状況判断力など何も磨かれません。

業務をしっかりやりつつ、新しいことを学んでいないと将来的にはリスクです。

使い捨てと思えるような対応の病院からは一刻もはやくお辞めになった方がいいです。

特に病気に対する対応は気をつけてください。看護師長や看護部長の本性がみえてきます。

使い捨てをする病院に転職しないための方法

使い捨てをする病院に転職をしないためには事前の情報収集がモノを言います。

働く看護師の残業時間や有給休暇消化率、年間休日、勤務時間、交替制度、看護体制などの数字も調べなければなりません。

こういった数字的な部分はハローワークなどの求人票では分からない部分ですから、求人サイトを使うことが確実な方法といえます。

それに加えて病院の雰囲気や働く看護師の声なども調べられるのが求人サイトのメリットですので、転職で失敗をしたくないなら非常に便利だといえます。

このページの先頭へ