10対1よりも忙しい7対1看護の病院

深夜の病院

基本的に7対1の看護体制の方が忙しくない傾向は強いです。しかし、看護体制よりも看護師数の方が重要だったりします。

その理由はぎりぎりの看護師数で病院を運営する方が儲かるからです。

7対1看護ということは必然的に人件費が高くなります。離職率の高いといわれる看護師は7対1をギリギリの人数で確保することは認可取消の危険性もでてくるわけです。

そこで7対1看護の病院では看護師数を調整して7対1を実現しようとします。

例えば、部署異動を行ったり、病棟と外来を兼務したりなどです。

そうなると行きたくもない科で働いたり、慣れない科で働くことになったり、看護師の負担は大きくなります。

そこで重要になってくるのが看護師数です。7対1看護の病院をいくつか受ける場合は、必ず看護師数と病床数を確認する必要があります。

病床数に対して看護師数が少ない病院は10対1よりも忙しいという可能性もでてきます。

そのため7対1への転職を考えているなら7対1看護の病院をピックアップし、最終的に看護師数を比較すると効率よく探せます

7対1体制の病院のメリット

  • 利用者は手厚い看護を受けることができる
  • 看護師は仕事の負担を減らすことができる

大きくいうと7対1看護のメリットは上記の2つです。現在は2006年に改定された診療報酬規定で、7対1入院基本料が基準となっています。

7対1看護というのは、入院している患者さんの数7人に対して、看護師が1人勤務するという配置基準のことをいいます。

7対1看護の患者さんにとってのメリットは、10対1以上の看護と違い、より手厚く質の高い看護を受けられるということです。

そして、看護師にとっては、担当する患者さんの数が少なくなることで、仕事の負担を大幅に減らすことが出来るというメリットになります。

担当する患者さんの数が多ければ、その分仕事量が増えてしまうため過重労働になり、これが看護師の離職にもつながっていました。

ですが、7対1看護になったことで看護師一人一人の負担が削減されるというメリットを得ることが出来たのですね。

診療報酬改定によって7対1看護の基準が定められると同時に、医療費の削減が行われたことで、経営が立ち行かなくなった病院もあります

診療報酬の基準とは?

病院の看護師の数は、病院が医療保健からもらう診療報酬のうち、医師の診察や治療、看護サービスなどに対して支払われる入院基本料と連動しています。

つまり、看護師の配置数が多ければ、その分入院基本料が高くなります。

看護師の人数が多く行き届いた看護が出来る病院であれば、その分入院基本料を受け取ることができるようになっています。

病院がいたずらに看護師を多く配置するということはなく、医療法の診療報酬規定によって「15対1」「13対1」「10対1」「7対1」というように区分されています。

診療報酬の改定により、採用力のある病院や定着率の高い病院は7対1看護の体制が作れますが、採用力がなかったり、定着率の低い病院は苦労する形になっています。

7対1看護の病院を探す方法

7対1の看護体制であるかどうかは求人票では項目がないため探せません

探し方としては求人サイトでの「フリーワード検索」もしくはコンサルに「7対1看護の病院」を希望してください。

楽に探すならコンサルタントに「7対1看護の病院を紹介して欲しい」と伝えることです。

フリーワード検索ができる求人サイトは、マイナビ看護師、ナースではたらこ、看護のお仕事など様々な求人サイトでお探しが可能です。

実際に7対1看護の求人がどれぐらいあるか調べてみたところ、

  • マイナビ看護師 80件
  • ナースではたらこ 18件
  • 看護のお仕事 123件

となっています。あくまで公開されている求人の一部になるため実際にはあなたに適した求人サイトを選ぶと良いと思います。

尚、公開されている求人以外に非公開求人というものがあるため、実際にも上記よりも求人数は多くなります。

サブコンテンツ

7対1看護で悲鳴をあげる病院

あなたもご存知の通り各種医療機関では看護師不足の状態です。そのため7対1看護の体制に対応出来る病院は非常に少ないです。

2006年の診療報酬規定で医療費の削減が行われたことで採算がとれない病院が増加しました。そのしわ寄せは病院で働く看護師の給与や待遇にも影響しています。

仕事内容は同じなのに、待遇が悪くなってしまったという看護師も増えています。7対1看護を適切に導入出来ている病院に勤めている場合はメリットがあるのですが、対応できない病院で働いている場合にはデメリットしかないということなのです。

求人を探す上で、看護体制を重視することは非常に大切です。7対1の看護体制の病院であるかどうかは職場を探す上で優先すべきということです。

このページの先頭へ