無駄にならない看護師の経験と資格

医者・看護師と子供

看護師を辞めたからといって資格や経験は無駄ではありません。

せっかく苦労をして取った資格ですし、過酷な環境で身についた経験です。

看護師の経験や資格を活かして働くことはメリットも多いです。

  • 転職がしやすい
  • 休日が多くなったり、休みが取りやすい
  • 給与が少し下がるか変わらない
  • プレッシャーが少ない

など看護師を辞めた人の8割が医療関係で働くことは上記のメリットがあるからというのが大きいでしょう。

看護経験と資格を活かせる職場例

どうせなら看護師の資格、経験を活かして働きたいと思う人も少なくないはずです。また、その方が給与面でも優遇されることは少なくありません。

以下に看護師としての経験や資格が活かせる職場を紹介します。

老人ホーム

高齢者の看護に興味があったり、療養型での経験がある看護師さんが転職されるケースが多いです。

老人ホームにも入居対象者によって種類があり、「怪我や病気などで自立生活が困難である人」が入居する施設、「生活拠点として最期まで生活」する人が入居する施設があります。

どちらも常勤看護師数に規定があるため需要が多い職場といえます。

施設によって夜勤のあり・なし、待遇面も施設によって幅があるので慎重に選びましょう。

訪問看護ステーション

日勤のみで働けるため子育てや結婚した看護師さんに人気です。

夜勤ができない、休みが多く欲しいなど制限がある中で働く必要があるなら検討してみてはいかがでしょうか?

精神科など特定の分野に特化した訪問看護もあるので自分の経験を活かしやすいですよ。

今後、需要が伸びる分野でもあります。

学校の講師

看護師経験が豊富な看護師であれば看護学校の講師という選択肢もあります。

看護師長や看護主任の経験があれば採用される確率もグンとアップしますよ。

未来の看護師を育てるという点ではやりがいもあるお仕事です。

治験コーディネーター

被験者への対応、データの収集や管理などが主な仕事内容になります。

治験を指導する医師との折衝もあるため看護師時代に医師が嫌いだった方は慎重に選びましょう。

保育園

小児科の看護師なら特に経験を活かせる職場です。

園児の健康状態の確認、感染予防、病院との連絡係の他に引率や一緒に遊んだりと仕事範囲は多岐に渡ります。

求人数は多くはないためタイミングが重要になります。

コールセンター

看護師の経験を活かす職場としてあまりピンとこないかもしれませんが、コールセンターの中でも健康食品を扱う企業のコールセンターでは需要があります。

その他に自宅で使用する医療器具、美容関連でも受かりやすいでしょう。給料は下がりますが、定時退社ができますし、休みも多い職種です。

保険会社

あまり多くはありませんが保険会社という選択肢もあります。

加入条件に満たしているか確認をするための査定業務(健康診断の結果やアンケートからの健康状態のチェックなど)を行います。

PCの操作の中でもエクセルやワードの基本操作ができることが必須条件になっていることが多いです。

休みは土日祝・年末年始や夏季休暇がある会社が多いため子育てをしながらでも十分に働くことが出来る環境です。

看護師を活かす道を探す方法

これだけ看護師の資格を活かす職種があると悩みがちだと思います。そんなときには求人サイトを利用すると良いと思います。

なぜなら、これまでに数多くの看護師を支援しており、看護師から異業種へ転職した人も数多くみています。

そのため過去の経験から的確なアドバイスをしてくれると思います。

求人サイトには、ナース人材バンクやナースフルなどの看護師専門もあれば、一般企業の支援をしているDODA(デューダ)もあります。

医療系への道を探しているなら看護師専門を利用し、一般企業であればDODAを利用すれば上手くアドバイスをもらえます。

コンサルを使えば書類選考の合格率もアップ!?

一般的にコンサル経由の書類選考は自分ひとりで受けるよりも合格率はアップしやすいといえるでしょう。

その理由があなたがどんな人物で、どんな経験をしていて、どんな思考をもっているかを事前に伝えることが出来るからです。

反対に自分ひとりで受けたり、ハロワ経由は、事前にそういったことを伝えることが出来ません。病院側も判断材料が履歴書だけであり、”履歴書だけで判断”するしかないのですね。

書類選考だけでどうしても落ちてしまうなら是非求人サイトを利用してみましょう。

このページの先頭へ