履歴書で転職回数を誤魔化すとどうなる?の目次

転職回数が多いと転職に不利になることは誰もがお分かりいただけると思います。

いくら看護師といえど転職回数が少ない方が良いに決まっていますし、応募が多い人気病院になると転職回数の上限を設定しているところもあります。

一方で転職回数を偽ることや隠すことはリスクがあります。
ここでは転職回数が多い看護師さん向けにリスクと回避方法をご紹介いたします。

転職回数がバレることはあるの?

よく「公的書類(健康保険証や年金手帳など)で転職回数が分かるか?」という質問があります。

結論からいうと「普通の採用担当者は分かりません」です。
直近の勤務先であれば分かりますが、履歴までは把握できません。

年金手帳には稀に過去の勤務先が全て記載されているケースもありますが、その場合は紛失したとして再発行をすれば空欄になっています。

では、転職歴は分からないのか?というとちょっと違います。
では、他でばれる可能性は確率は低いですが、ゼロではありません。

隠していた転職回数がばれるケース

職歴がバレるケースは非常に少ないです。しかし、以下のことで発覚する可能性があります。

  • 話の辻褄が合わないため疑いがかかる
    面接時の受け答えや採用後の会話の中で「怪しい」となり、経歴詐称がばれることがあります。
  • 探偵の雇用調査(今はかなり少ないです)
    ほとんどの病院では実施しません。しかし、規模の大きいところになると身辺調査をするところも実際にあります。特に師長などの偉いポストだと身辺調査をすることが多くなります。
  • 職安の担当者が守秘義務を守らない(実際にあります)
    社会保険事務所とハローワークは保険の加入履歴が全て分かります。一般的に守秘義務があり、本人以外が問い合わせても口外しないのですが、担当者によっては職歴を全て教えてくれる人がいます。
  • 経験不足やスキル不足
    面接で話をしていたことや経歴や実績が豊富にも関わらず仕事の能力に大きな隔たりがある場合に経歴詐称を疑われます。

採用後にビクビク働けますか?

今から転職回数の多さを隠して働くことに不安を感じているなら、採用後はまともに働けません。

いつも「バレるんじゃないだろうか?」という気持ちのまま働くことになります。
図太さがある人やばれても良いやという気持ちで働くなら別ですが、不安であるなら仮に採用をされてもビクビク働くことになります。

そのような精神状態で長続きは出来ないでしょう。

業績悪化でリストラ

経歴詐称が発覚しても小さい医療施設はお咎めなしというところ実は多いです。
大手なら即解もありえますが、中小の病院は人手不足のため能力さえあれば目をつぶることもあります。

しかし、これが業績悪化や職員削減をするときには違います。
「経歴詐称」を理由に退職金を支払う必要がないリストラをすることがあります。

病院も今は経営難というところがありますし、小さなクリニックになると余計にその傾向は強くなります。

転職回数の多さを隠すことは決していいことではありません。嘘がみつかると非常に苦労をするため覚悟が必要です。

まずは転職回数の多さを隠すのではなく、転職回数が多くても就職ができるように活動すべきといえます。

転職回数が多いと不利になる?

看護師は転職回数が多くても就職ができると言われていますね。
実際にいつでも転職できるから退職を繰り返して、転職回数が30回を超えるという人もいます。

しかし、転職回数が多くなると「良い病院」への就職ができなくなります

そうなると環境の良くない職場に転職を繰り返す負のスパイラルに陥りがちです。

平均的な転職回数

看護師の転職回数は「2~3回」です。
若ければ若いほど当然ながら転職回数が少なくなります。

以下は年齢別の転職回数のアンケート結果になります。

年齢 0回 1回 2回 3回 4回以上
20代 45.8 30.1 16.9 7.2
30代 23.0 21.1 24.1 14.6 17.2
40代 11.7 12.5 25.0 18.8 32.1

書類選考で不採用になりやすい

上記の表をご覧頂くと分かりますが、20代なら2回以上・30代なら3回以上・40代なら4回以上になると転職において不利になるといえます。

転職回数が多いと書類選考の段階で「辞めやすい人」や「長続きしない人」という転職癖のある人と判断されます。

採用担当者によっては応募が多いため転職回数にボーダーラインを設けて足切りをすることもあるのです。

万全の面接対策が必要

転職回数の多さは面接においてほぼ100%説明を求められます。

「なぜ転職をしたのですか?」

この質問に対して答えなければなりませんので、面接対策が非常に重要です。
単にパワハラがあったやスキルアップをしたかったという簡単な理由では印象は良くありません。

また病院が求める看護師像を考えて対策をたてる必要があります。そのためにも受験する病院がどんな人材を求めているかを必ず確認してください。

転職回数が多い看護師が人材紹介を使うメリット

転職回数が多い看護師は通常の就職活動では採用率も低く、職場環境が悪いところに就職をする可能性が高いです。

次こそは長く働くために、そして転職活動の成功率をアップさせるために人材紹介を利用するのがおすすめです。

無駄な書類作成が減る

転職回数が多いと書類選考で不採用になる確率は高いです。
いくつもの病院を受けることになると、何度も履歴書を作り直すことが面倒になる事も多いでしょう。

人材紹介を使えば無駄な書類作成がなくなります
なぜなら事前にコンサルタントが病院の採用担当者に「転職回数が多いけど大丈夫か?」ということを確認してくれるからです。

フォローで面接に挑戦可能

「書類選考に通らない」
そんなときもコンサルタントの力は絶大です。

志望者の紹介を採用担当者にしてくれるため「それなら面接をしてみよう」となることもあります。

特に病院の人事とつながりがある(過去に看護師の紹介をしているなど)と、その傾向は強くなります。

直接応募になると採用側も履歴書だけが頼りです。
しかし、間に第三者を加えることで客観的な意見も加わり、面接まで進みやすくなります。

人材紹介会社では紹介状を作成し、転職歴が多かった理由や性格などを事前に伝える工夫をすることで面接の通過率を高めています。

長期間働ける職場を探せる

人材紹介会社は単に求人紹介をするだけではありません。

求人先の職場環境・労働環境を詳しく知っているため事前に病院の雰囲気や働く看護師の情報が手に入ります

給与や休日など求人票に記載のあることだけでなく、有給休暇の消化率や残業時間、離職率や年齢構成など様々な情報を知ることが可能です。

つまり、あなたにとって働きやすい環境であるかが分かるのです。

転職回数が多くて困っているなら「履歴書に書くことを悩む」のではなく、真実を語った上で採用されるようにしなければなりません。

そういった意味で人材紹介会社はあなたの大きな力になってくれます。

サブコンテンツ

このページと関連のある記事一覧

このページの先頭へ