病院の人間関係を調べる2つの方法

情報収集

病院の人間関係は情報と直感で判断する!

転職で人間関係の良さを重要視するときには、

  • 第三者の情報(求人サイトや口コミ)
  • 自分で感じた雰囲気(直感)

の2つで判断をすると正確性があがります。

どちらも調べて感じた上で総合的に判断をすることが求められます。

第三者の情報

病院の人間関係を調べるときに参考にするのが求人票です。しかし、求人票だけでは明らかに情報不足です。

また、口コミサイトになると有名病院以外は口コミ数が少なく参考になることがあまりありません。

そんなときに活用できるのが求人サイトです。求人サイトの情報は、求人票だけでは分からないことがたくさん分かります。

離職率や定着率、勤続年数、平均年齢、年齢構成の他に求人サイトでは雰囲気や病院の社風を知る事ができます。

口コミサイトでは大学病院や大規模な病院を除くと働く看護師の口コミはみつかりにくいでしょう。

口コミも数が多ければ信頼しても構いませんが、口コミ数が少なければ一個人の意見になるため参考程度にしておくべきです。

その他に、病院を利用する患者様の口コミも重要です。患者様の意見や評判が悪い病院はスタッフ間の人間関係も悪いケースが多くなります。

第三者の情報に全幅の信頼をおくことは出来ませんが参考になります。

自分で感じた雰囲気

面接での受け答えや病院見学時に感じた雰囲気も人間関係を調べる上で重要です。

面接では面接官は看護部長や看護師師長です。管理職と一般看護師とのやりとりや面接時の受け答え、自分が質問をしたときの反応をみてください。

その他に病院見学で働いている看護師さんの雰囲気や患者さんの様子をみて感じることも多いです。

病院見学のポイント

病院見学では以下の3点をチェックしておきます。

  • ナースステーションのチェック
  • 働く看護師のチェック
  • 病院の設備のチェック

それぞれをチェックするポイントを紹介します。

ナースステーションのチェック
  • 清潔度の確認
  • 整理整頓ができているか
  • 全体の雰囲気
働く看護師のチェック
  • 髪、化粧、服装など身だしなみは適切であるか?
  • 働く看護師の表情は疲れていないか?
  • 挨拶をしたときに挨拶を返すか?
病院の設備のチェック
  • 全体の清潔度(掃除は誰がやっているかも確認)
  • 図書室や資料室はあるか?
  • 電子カルテの有無
  • 当直室の整理整頓・清潔度

病院見学の際には病院側もある程度準備をしているものです。少し厳しめの視点で採点をしてみるといいでしょう。

自分に合わないなと思ったら自分の感覚を信じるべきです。それが勘違いであっても仕方がありません。

最初に感じた感覚を信じないで、入職後に「やっぱり」と思うよりマシだと言えるでしょう。

看護roo(カンゴルー)

病院の内部情報が詳しく分かる!!
辞めた看護師の理由や人間関係、職場の雰囲気まで分かる看護roo。

人間関係の良い職場で働きたい看護師さんなら利用価値は大です!

このページの先頭へ