オンコールが多い看護師の職場

数こそ少ないものの一部の病院ではオンコールありの科もあります。

手術室に勤務する看護師や産婦人科の助産師、その他に老人ホームではオンコール対応が求められる医療機関があります。

病院ですと平日は夜勤や当直で対応し、土日・祝日はオンコール体制をとっているところもありますね。

オンコールのストレス

電話

応募先にオンコールがある場合はよく検討してください。

オンコールは非常にストレスのかかるシステムです。
仕事が終わって家に帰ってからも何となく落ち着けないからです。

食事中でも、就寝中であってもオンコールで呼び出されたら病院に駆けつけなければなりません。

これは想像以上にストレスを招くものになります。

ぶっちゃけおすすめしない

ぶっちゃけオンコールはキツイです。
オンコールが当たり前の助産師さんはオンコールが嫌で辞めることも少なくありません。

当然ながらオンコールは嫌だと思って敬遠される求人です。
そこで人手不足解消にでてきたのが「オンコールなしの求人」です。

額面通りに受け取ると入職後に結局はオンコールで働くことになったり、周囲からの冷たい視線や対応に嫌気がさすので注意したいところです。

このページではオンコールなし求人の中でも疑ってかかった方が良い求人について説明をします。

オンコール手当は少ない

オンコール手当ももらえる医療機関が多いです。
が、夜勤のように金額は高くはなく良くても1~2万円程度です。

もちろん毎日あるわけではありません。
オンコールがあって実際に出勤したときだけしかもらえませんが、担当の日には待機しなければなりません。

尚、病院によっては1日1,000円などという形で支給しているところもあります。支給条件は様々ですが、結局は1ヶ月で3~5万円あればいいぐらいになります。

オンコールのない求人探しの注意点

多くの場合で求人票に記載があります。
求人サイトでも「オンコールなし」で検索をすれば該当の求人がヒットします。

しかし注意をしたいのが「オンコールなし可」の求人です。
これは「オンコールなしでも働けますよ」という意味ですが、そのまま受け入れることは非常に危険です。

  • 働き始めたら「人が足りないから対応して欲しい」と言われる
  • 同僚はオンコールありで働いているため不満を持つ

こういった危険性があります。
オンコールなし可=他の人はオンコールで働いていますよということです。

だからこそ確認をしておかなければならないことがあります。

聞いていた話と違う

これは良くある話です。
働き始めたあとに「○○さんが辞めたからオンコール対応をして欲しい」と言われるのです。

今回だけなら…と言って対応したら最後。
その後は当たり前のようにシフトの組まれるということもあります。

一番の問題は”断りづらい”という点です。
仮に断ったとしても周囲のスタッフから不満がでる可能性があります。

○○さんだけオンコール対応をしない

子供がいたり、体調面からオンコール対応ができない人も多いと思います。

オンコール対応をお願いされて断ると同僚からの不満がでます。

自分が同じ状況を考えてみると良いと思います。
自分自身はオンコール対応をしているのに、オンコールに対応しなくていいスタッフがいたら不満を持つはずです。

そのため「実態はどうなの?」というのがポイントになります。

オンコールなし求人のチェックポイント

オンコールなしの求人があったら、まずは他にもオンコール対応をしていないスタッフがいるかを確認しましょう。

オンコールなしで働く人が複数いるなら病院全体に理解があるということになります。

あなた一人だけが対応していないと不満が集中します。
しかし、複数いることで組織として理解があるといえるからです。

一番良いのはオンコールのない職場

一番良いのは病院事態がオンコールに対応していない職場を選ぶことです。

こういった職場をみつけるには病床数と看護師数をチェックしましょう。
適切な人数がいるか?を確認することで明らかな人手不足を見抜くことが可能です。

そして、年齢構成も確認してください。
平均年齢ではなく20代・30代・40代・50代がそれぞれどれぐらいいるかを確認します。

何が分かるかというと夜勤対応ができる看護師がいるかを把握できます。オンコールがないということは必ず夜勤があるということです。

若い人も一定数いるなら夜勤体制は良い病院が多いです。
それとあわせてベテランや中堅看護師に夜勤なしで働く人がいるかも確認をしておきましょう。

このページの先頭へ