看護師の履歴書の重大ポイント

履歴書

履歴書は面接を想定して書く!

言うまでもなく病院の就職試験において履歴書は非常に重要なものです。

看護師の中途採用においては一般企業のように職務経歴書が必要ない場合も多く、履歴書がカギを握るといってもいいぐらいでしょう。

書類選考はもちろんのこと、面接においても履歴書は重要な意味を持ちます。それは、履歴書の内容を元に質問をされるからです。

つまり良い履歴書は面接を考慮して作成しなければなりません。話が弾むような面接官に興味をもってもらう内容にしなければなりません。

それでは具体例を交えつつ看護師の履歴書の基本から抑えていきましょう。

看護師の履歴書の基本

履歴書には守るべき基本の法則があります。手順を知ることで余計な手間を省きつつ書くことが出来ますので確認をしておきましょう。

実際に履歴書を書く前に、まずは主要な項目の内容を考える必要があります。ここでいう主要な項目とは頭で考えて記入しなければならない部分で「志望動機」と「自己PR」が該当します。

志望動機と自己PRについては別ページに説明をしておりますので参考にしてください。

  • 印鑑は最初に押しておく
    書き上げたのに印鑑が斜めになるのは最悪ですから、まっすぐ押印できた履歴書だけを使うようにすると良いでしょう。
  • 誤字脱字がないか確認をする
    誤字脱字は最低限守るべきこと。誤字や脱字があるだけで印象が悪くなります。
  • 空欄がないかを確認をする
    履歴書に空欄はありえませんので、必ず全ての項目を埋めてください。
  • 修正液や修正テープは使わない
    履歴書は間違えたら書き直しが必須、鉛筆で下書きをすると間違いありません。
  • 丁寧な字で時間のあるときに書く
    急いでいるときに書くと間違いやすくなりますし、気付かずに雑になってしまいます。時間があるときに丁寧に書き上げましょう。
  • 証明写真を使
    スナップ写真は論外、必ず証明写真を使うようにしてください。プリクラを貼った強者もいるそうです(笑)
  • 経歴書詐称はしない
    経歴詐称で採用されても病院側は解雇にすることが可能、短期間でも保険でばれます。解雇になると再就職は非常に難しくなることを念頭におきましょう。
  • 黒のボールペンを使う
    手書きをするときには黒のボールペンか万年筆がマナーです。尚、消せるボールペンもNGです。
  • パソコンの書体は明朝体
    パソコン入力なら明朝体が無難です。ゴシックなどビジネス向きではないため明朝体を選んでください。

履歴書の作成手順

以下の流れに沿って作成をするとスムーズに事を進められます。

手書きのときの作成手順

  1. 印鑑を押す
  2. 下書きをする
  3. 誤字脱字のチェックをする
  4. ボールペンで記入する
  5. 写真を貼る

パソコンのときの作成手順

  1. 書式の設定をする
  2. 全ての項目を入力する
  3. 誤字脱字のチェックをする
  4. 印刷をする
  5. 印鑑を押す
  6. 写真を貼る

項目別の書き方

続いていよいよ項目の記入方法を解説していきます。

日付

日付は面接日を記入します。郵送をする場合は、投函日を記入してください。

履歴書によっては「平成」と入っている書類もあります。その場合は履歴書の西暦(平成)に合わせるようにしてください。年号で記入したときは年号で統一をします。

郵送をする場合は送付状を添えてクリアファイルにいれて送りましょう。特に雨の場合は濡れてしまうこともあるのでクリアファイルを使って下さい。他の人がしない気配りを見せることができます。クリアファイルも封筒も100円均一で売っています。

印鑑

印鑑はまっすぐ押すようにします。斜めになっているとそれだけで「丁寧じゃない人」と思う人もいるのです。

冒頭に説明したとおり手書きの履歴書なら最初に押しましょう。

写真

必ず証明写真を貼ってください。写真の裏には撮影年月日と氏名を記入してから貼ります。

無人証明写真(スピード写真)よりは写真屋さんの方が見栄えは良くなります。なぜなら表情などアドバイスをしてくれるからです。面接官に与える印象も良いと思います。

ちなみに自己PRに「私は丁寧に仕事を心がけます」と記入した人が証明写真なら説得力はなくなります。撮影時には髪型・スーツの色(黒・紺が望ましい)に注意をしてください。

学歴

中学卒業から大学または看護学校卒業までを記載します。入学卒業年度の間違いに気をつけてください。

学校名は略称ではなく正式名称で記載します。学部・学科名まで書くようにしてください。よくある間違いとしては高校と略すこと。正しくは高等学校です。

経歴

学歴と同じく略称はNGです。病院名は法人名から正式名称で書いてください。病院名だけでなく配属された部・科名、病棟名も記入します。

一般企業で働いた経験がある方はそのときの経歴も記載します。矛盾、間違いがないように年号は正確に記入してください。また短期間の職歴も記入してください。前述の通り問答無用で経歴詐称で解雇できます。

現在就業中の場合は「現在に至る」とします。退職した病院は「一身上の都合により退職」とし、廃院などの場合は「会社都合により退職」とします。最後に「以上」と書くことをお忘れなく!

免許・資格

取得した年の古い順番から書きます。看護師免許も記載するようにしてください。

ほとんどの方は自動車免許と看護師資格になるかと思います。それ以外の資格でも記載して問題ありません。ただ資格をたくさんお持ちの方は仕事と関係がない資格は書かないほうが無難です。

仕事と関係がなくても比較的難易度の高い資格は書いておくと興味をもってもらえるかもしれません。例えば、何で取得したか?を聞かれたときに自己PRとなりえる資格です。

なぜ目指したか?1日どれぐらい勉強をしたか?仕事との両立を伝えることで努力ができる人・勉強熱心な人という好印象を与えることができます。

通勤時間

自宅からの時間を記載します。それほど難しく考えずにヤフーなどで通勤時間を調べて書いてください。

入職が決定した場合に引っ越しをする場合は、「本人希望欄」の箇所に記載します。また上京される場合も同じく「引っ越し予定」と記載しましょう。本人希望欄や特記事項がない場合は、通勤時間の欄に記載しても問題ありません。

扶養家族数

扶養するご家族がいる場合は人数を書きます。いない場合は「0」と記入します。

本人希望欄

希望条件がある場合は書きます。例えば、夜勤ができない・入職時期などです。特にない場合は「特になし」でOKです。

看護師の履歴書の書き方Q&A

手書きの方が良いのでしょうか?

特に指定がない場合、経験者の転職ではパソコンでの作成で構いません。字が綺麗な方やどうしても入りたい病院である方は面倒ですが手書きを推奨します。手書きの方が良い印象を与えられることは間違いありませんので。
どちらでも良いと言われたときには、紙カルテの病院なら手書き、電カルならパソコン入力を選ぶと良いでしょう。

履歴書の種類は何がいいのですか?

手書きの場合はコンビニや本屋に履歴書で購入が出来ます。履歴書には「JIS規格」「アルバイト用」「転職用」「一般用」などの種類があります。
特に何が良いというのはありませんので、フォーマットを参考に選ぶと良いと思います。

短期間の就業歴は記載しなくていいですか?

給料を受け取っていたのであれば短期間であっても必ず記載しなければなりません。仮に採用されても発覚したときに詐称となり解雇にされる可能性もあります。

学歴はいつから書けばいいですか?

決まりはありませんが、小学校からで問題ありません。ただし、中学までは義務教育のため卒業だけの日付を記載すればいいでしょう。現住所と実家が異なる場合は中学から書くと出身地も分かり話が弾むキッカケになることもあります。

メールは携帯でも良いですか?

フリーメールでも構いませんので、パソコンのアドレスを記載しましょう。その際には変な名前のアドレスではなく、ご自身の名前が分かるアドレスが望ましいです。例えば、山田太郎さんならt.yamadaやyamada.taro1985などしっかりしたアドレスにしてください。

志望の動機、特技、好きな学科、アピールポイントの欄は何を書けば良いですか?

志望動機とアピールポイントを記載しましょう。履歴書はあくまで自己PRをするためのものです。特技や学科は記入せず志望動機と自己PRを簡潔に記載しましょう。

本人希望欄は何を書けばいいですか?

譲れない条件を記載します。例えば、子育てで日勤のみを希望する場合は「子育てのため日勤を希望いたします」という風に書きます。条件が特にない場合は希望職種および配属されたい科を記載すると良いです。ただし、募集をしていない科を書くと病院側は何をみて応募してきたのか?となります。尚、何も書かないのは心象を悪くするため気をつけてください。

履歴書のフォーマット

手書きの場合はコンビニや本屋に履歴書で購入が出来ます。履歴書には「JIS規格」「アルバイト用」「転職用」「一般用」などの種類があります。

看護師の転職ではアルバイト用以外であれば問題ありません。経験年数や転職回数に応じて用紙を選ぶと良いでしょう。

JIS規格の履歴書

学歴・職歴の欄が多く自己PRの欄が少ないライプの履歴書です。

最もスタンダードですがアピールしたい項目欄がない場合は他の履歴書を選びましょう。

転職用の履歴書

他の履歴書と異なる点として退職理由の欄があります。転職回数が多い看護師さんにおすすめです。

一般用の履歴書

自己PRの欄が多い履歴書です。経験が浅い若い看護師さんにおすすめです。

パソコンの場合は無料でダウンロードが可能です。当サイトでも用意しておりますのでご活用ください。

履歴書のフォーマット(クリックでダウンロード)

履歴書の書き方で迷った看護師の駆け込み寺

履歴書の書き方が分からないというときには第三者の力を借りてみてはいかがでしょうか?

看護師の場合は、求人サイトを利用すればプロから添削してもらえるため通過率は飛躍的にアップします。

求人サイトのコンサルタントは、これまでに数十、数百人(歴が長い人なら数千人)の看護師の履歴書をみてきています。

受かった履歴書、落ちた履歴書をみてきているため的確なアドバイスを貰えるでしょう。また、病院独自の採用視点についても熟知しているため強力なサポートとなります。

看護師資格(准看、保健師、助産師含む)があれば誰でも利用可能ですので、履歴書に迷ったら利用価値は非常に高いです。

ナース人材バンク

利用者数10万人以上!!
紹介実績No.1のナース人材バンクは優秀なコンサルタントが自己PRの添削サポートを実施!

自分ひとりでやるよりも成功率をアップできること間違いなしです。

このページの先頭へ