ブランクから復帰する看護師の割合

診察室のカーテン

一度は看護師を辞めたけど復帰をした看護師はどれぐらいいるのでしょうか?

3割ぐらいでしょうか?5割ぐらいでしょうか?

医療関係の職場に復帰する割合は75.6%。実に8割近い元看護師さんが病院やクリニック関係の仕事に復帰しているのです。

しかし、就職後に後悔をし、辞めることは少なくありません。

  • 想像以上に仕事がきつかった
  • 育児との両立ができない職場だった
  • 働いていた頃との看護技術などの違いについていけなかった

など理由は様々ですが、辞めることになる最大の原因は就職活動の方法が間違っていたからです。

ブランクからの再就職では病院の情報を詳しく調べてから就職を決めなければなりません。

ブランクから復帰する看護師の不安

ブランクの期間が長ければ長いほど仕事に戻る不安は大きくなるもの。

  • 最新の看護の知識や技術に対応できるか
  • 家事や子育てと仕事を両立できるのか
  • 体力がついていけるのか

厚生労働省が2011年に実施したアンケートによると「再就職にあたり不安はない」と答える元看護師は全体の3%しかいません。

ほとんどの看護師が上記の悩みや不安を抱えながらも就職活動をしていることになります。

ブランクから復帰するときの不安はなんでしょうか?

  • 看護知識や技術についていけるか?
  • 職場の待遇(人間関係、休日、勤務時間など)

の二つが主な不安となるでしょう。

この不安を解決するために正しい就職活動をします。

正しい就職活動とは”病院情報を詳細に調べる”ことです。その結果として満足のいく職場で長く働けることが出来ます。

病院情報を調べる方法とは?

病院情報を調べるには求人票だけでは不足しております。

そのために求人票とは別に看護師専門の求人サイトを利用します。求人サイトでは、

  • 復職前の研修を実施してくれる求人を紹介してくれる
  • 家事や子育てが両立できる勤務体系の求人を紹介してくれる
  • 過去の経験から復職前に気をつけたいことを知っている

など非常にメリットが大きいです。ちなみに、看護師(准看含む)の資格を保有していれば無料で利用ができます。

仕事に戻る前に受けるべき研修

看護知識や技術は1年のブランクでも変わることは少なくありません。手技の方法が変わったり、医療機器が最新のものになったりと戸惑うことも多いでしょう。

徐々に慣れていく意味でも、不安定な精神状態にならないためにもブランクのある看護師には研修は非常に重要です。

不安な状態のまま仕事をはじめるとストレスが大きくのしかかってきます。すると復職後にすぐに辞めてしまう看護師もでてくるのですね。

短期間で辞めてしまうと、その次の就職が非常に難しくなります。

短期間で辞めないためにも研修は大きな意味があるといえます。何よりも安心した気持ちで患者さんの前に立つことは、患者さんも安心できるでしょう。

家事、子育てに重要な勤務体系

誰もが「働いてみたいな」と思えるような病院の求人は非公開求人に数多くあります。しかし、非公開求人は誰もが閲覧・応募できるわけではなく、一般的には求人サイトに登録をしなければなりません。

登録をしていないで閲覧できる求人は全体の6割程度になっています。残り4割が非公開として扱われる求人になります。

非公開求人には、一般的に優良と言われる求人が隠れています。例えば、

  • 有給消化率100%、年間休日120日以上
  • 18時退勤で、残業はほとんどなし
  • 託児所24時間利用可能な子育て中の看護師が多い
  • 4週8休で残業が月に5時間以下

など子育てや家事と両立ができる求人も多くあります。

復職経験者の成功も失敗もみている

求人サイトに登録をすると専属でコンサルタントがついてくれます。このコンサルタントは就職に関わるあらゆるサポートをしてくれます。

  • 希望条件にあった求人先を探し紹介してくれる
  • 面接の対策、履歴書の書き方をアドバイスしてくれる
  • 希望先へあなたの紹介状を書いて選考率をアップさせてくれる
  • 過去の失敗、成功から的確なアドバイスをしてくれる

など様々な面からあなたの就職をサポートします。

最も心強いことは過去にブランクから仕事に戻った看護師を数多くみていることです。

要するにブランクから戻る看護師に的確なアドバイスができるといういこと。

こういう考えや選び方は失敗しやすいとか、復職前の手続きややっておいた方がいいことなどを知っています。

ブランク看護師におすすめの求人

ブランクのある看護師におすすめの求人が「研修のある求人」です。

再就職を前に研修を受けることでスムーズに復帰をすることができるでしょう。

看護師の研修が受けられる場所として、入職先の病院の他にナースセンターの研修もあります。

ナースセンターでは各都道府県にあるため誰でも研修を受けることが出来ます。もしも入職が既に決まっている場合は、こういった研修を受講すると良いでしょう。

ただし、入念な研修ではなく、感覚を取り戻す程度になります。

その点で病院が行っている研修は実践的な内容が多く、すぐに役立つことが出来るのが特徴。

求人サイトでの探し方としては「研修あり」で絞って探してみると良いですね。

登録をして探すなら専属のコンサルタントに「研修がある病院やクリニックを紹介してください」と伝えるようにしましょう。

こう伝えるだけで自分で探す手間がかからずに、研修を実施している病院やクリニック、施設など求人先をいくつも紹介してくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ