看護師求人サイトのQ&A

看護師の求人サイトQA一覧

当サイトで紹介している求人サイトは、登録~利用まで全て無料です。面接の同行、履歴書の添削、病院の詳細情報、その他いかなる場合においても無料です。

就職が決まる、決まらないに関わらず無料で利用できます。

あなたが求人サイト経由で転職をすると採用した側(病院)が、求人サイトに紹介料としてお金を支払うからです。

紹介料の相場は年収の2~4割と言われています。紹介料の金額は企業によってことなりますが、一般的には3割が多いです。

意図的に何かに利用することはありません。(例えば、名簿会社に売るなど)

しかし、どんな企業においても情報漏えいの可能性があると考えれば絶対とは言い切れません。

心配な方はプライバシーマークを取得していて、上場している企業が良いですね。上場企業には監査もありますし、株価に影響するため個人情報には徹底しています。

業界で上場しているサイトは「ナースフル」と「看護roo」です。

登録するとほとんどのケースで電話かメールで連絡がくることになります。これは今後のスケジュールを話すためです。

電話ではなくメール連絡が良い方はそのことを伝えるようにしてください。また、使いたくない・使う必要がなくなった場合、そのことを先方に伝えれば電話はかかってこないです。

迷惑メールではなく求人紹介のメールがくることになります。

就職が決まったあともメールがくるため配信を停止することも出来るため設定方法を聞いておくと良いですよ。

登録をすると以下の流れで使用が開始されます

  1. 電話でスケジュール確認し面談日決定
  2. 電話、メール、対面で面談し経歴と希望条件を確認
  3. 複数の求人先を紹介される
  4. 求人先から受けてみたい病院を伝える
  5. 書類選考(履歴書等の添削サービスあり)
  6. 合格なら面接の日程調整とポイント説明(受かる人の特徴や質問内容など)
  7. 希望先と面接(コンサル同行のケースもある)
  8. 内定(入職意思があるなら入職日等をコンサルが調整)

求人サイトによって若干の違いがあるものの概ね上記のスケジュールで転職活動がすすみます。

ありません。しかし、強く薦められることはあります。

例えば「早く決めないと他の人が決まりますよ」と言われるケースです。回避方法として事前に入職したいと思える病院を受けるようにすると良いですね。

それなら内定がでた後も直ぐに決断できるはずです。そのためにもコンサルから事前に病院の情報を聞くようにしましょう。

求人サイトを経由して就職が決まった時に、あなたに支払われるお金のことです。条件として入職してから半年後やアンケートの回答などがあります。

その他に准看護師ではなく、看護師だけや正職員だけという条件があるところもあります。

金額の相場は10万円が多いですね。ナースではたらこと看護のお仕事、メドフィットナースなどが実施しています。

求人サイトを使うデメリットは2つあります。

  • 自分のペースで就職活動ができない
  • 天秤にかけられたときに不利になる

コンサルタントを介していますので、自分のペースでとはいかないこともあります。この問題は事前にコンサルタントと会話をすることで防げます。

事前にどんなペースで転職をしたいかを話しておくようにしましょう。ゆっくり、じっくり転職をしたい、短期間で決めたいなどコンサルタントと会話ができていないときに起こります。

天秤にかけられたときに不利になるケースを考えてみましょう。

  • Aさん:求人サイト経由で応募
  • Bさん:ハローワーク経由で応募
  • Cさん:ナースセンター経由で応募

上記の3人が最終選考まで残りました。最終面接をしてAさん、Bさんが欲しいと病院が思ったとします。そうするとBさんにだけ内定がでることがあります。

その理由が「紹介料」です。Bさんは紹介料は必要なく入職してもらえます。しかし、Aさんが入職となると病院は求人サイトに紹介料を支払います。

そのため天秤にかけられると不利になるわけです。ただし、求人サイトもハローワークやナースセンターも同時に利用している病院は少ないです。

また求人サイト経由は選考を有利に進めることも出来るためメリットもあるといえます。あとは個人の好みの問題といえるでしょう。

年齢に関わらず利用できます。求人数については若い方が多いですが、高齢看護師の求人もあります。

その他に看護師ではなく准看護師、助産師、保健師の求人もあります。

地方ではまだまだハローワークの利用が多いですね。確かに地方になると求人数は極端に少なくなる傾向はあります。

そのため求人サイトを利用するなら地方に拠点がありサイトを使いましょう。拠点があるということは力を入れている地域であり、需要と供給のある地域ということ。

そういったところでは求人数は多くあります。地方拠点があるサイトとしては、ナースではたらこ、マイナビ看護師、ナースパワーなどがあります。

求人サイトによっては簡単に変更が可能です。コンサルトは別の連絡窓口が設定されておりインターネット経由でできます。

コンサルタントと合う合わないは非常に大切なことです。可哀想とか申し訳ないとか思う必要はありません。

面談は電話でも行っている企業が多いです。中にはメールでもできる求人サイトもあります。

実際に対面で面談をするのは50%程度、半数以上の看護師さんが電話面談をしています。

電話面談だから不利になるということはありません。

パソコンを持っていなくても求人サイトはスマートフォンでみやすくなっています。求人サイト登録もスマフォやIPhoneで簡単にできます。

利用している8割以上がスマートフォンで利用しています。求人の管理等もできるので、空き時間にもチェックできて便利ですよ。

求人サイトによってはアルバイトやパート、派遣の求人もあります。短期間であればおすすめはナースパワーの「応援ナース制度」です。

3年以上の経験が必要になりますが、月40万円以上の給料、家電付きアパート完備、面接不要など条件面がいいですよ。

看護資格があれば誰でも利用可能です。事前にブランク年数を伝えておくとスムーズに求人紹介をしてくれます。

条件を明確にしておくといいです。例えば、事前の研修がある、日勤のみ、残業できないなどです。

条件面で重要なことが実態です。いくら求人票に日勤のみ、残業なしとあっても実態は分かりません。

そこで求人サイトを利用する場合は、実態を確認するようにしましょう。病院の情報に詳しいサイトもあるため、そういった求人サイトを利用すると良いですよ。

サブコンテンツ

ご質問・ご相談

求人サイトのことで疑問点や不安点がある看護師さんはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせのページで受け付けております。

このページの先頭へ