求人サイト経由の転職は急かされるの目次

固い握手

看護師の転職で求人サイトを使うことは情報収集ができるため役に立つことは多々あります。しかし、担当のコンサルタントによっては転職を急がせるデメリットもあります。

ここでは求人サイトのコンサルタントが転職を急かす理由や現役看護師の失敗例、急かすコンサルを回避する方法をご紹介いたします。

コンサルが転職を急がせる理由

「今すぐ内定を決めないと他の人に決まります。」

「病院側が明日中に決めて欲しいと言っています。」

求人サイトを利用するとこのようなセリフで転職を急がされた看護師さんは多いと思います。なぜコンサルタントが転職を急がせるかというと「求人サイトの会社(企業)の利益」が関係をしています。

看護師(准看、正看、助産師、保健師を含む)が求人サイトを利用しても費用は一円も発生しません。面接のセッティングもしてくれて、情報提供もして、履歴書の添削、条件交渉もしてくれるのに無料で使えます。

看護師の利用が無料の理由は病院から紹介料を受け取っているからです。

求人サイトの仕組み

ここまで言えば分かる看護師さんもいると思いますが、あなたが内定辞退をすると紹介した求人サイトへは当然ながら一円も紹介料を受け取れません。つまり求人サイト経由で転職をしてもらわなければサポートの意味がないということになります。

売上目標がある会社の場合、営業担当でもあるコンサルタントはプレッシャーを抱えており、転職を決めてもらいたいがために、このような発言をすることがあります。

しかし、全てのコンサルタントが転職を急がせるわけではありません。売上ノルマを課さないことにより、看護師のことだけを考えてサポートをしてくれるコンサルタントも大勢います。

看護師の求人サイト=人材紹介会社

一般的(看護師業界以外)に求人サイト(就職サイト・転職サイトと同じ意味)は利用者が能動的に閲覧をする必要があります。また、応募・管理まで利用者がマイページのような機能を使っておこないます。

一方で看護師業界の求人サイトは一般的にいう「人材紹介」になります。もちろん自分で求人をチェックして応募することも可能ですが、メイン機能は人材紹介となります。

求人サイトで転職に失敗した看護師

転職を急かされるとどのような失敗があるのでしょうか?

転職を急かされて失敗をした看護師さんの体験談をご紹介します。

焦って決めて後から後悔をした看護師

2年前に求人サイトを使って転職をしました。実は4回目の転職でそれまではハローワーク経由で転職活動をしていましたが、入職後に「えっそうなの?」と思うことが結構あったので事前情報を知りたいと思い利用することに。

自分だけでやるよりも遥かに楽に転職活動ができ、就職試験から内定まで3~4週間ぐらいで決まりました。内定をもらいましたが、どうするかかなり悩んでいました。というのも給料はアップ、休日は同じでしたが、自宅から遠い病院でした。

内々定をもらってから悩んでいましたが、就職サイトの担当さんから「早く決めないと他の人に決まります」と言われ、最終的には内定を承諾して入職。

いざ通勤をしてみるとやっぱり遠すぎて通勤が辛いです。年収は50万円ほどアップしましたが片道1時間30分もかけて通勤しているのですが、残業があった日など帰りも大変です。

結局、5回目の転職活動を開始。今はまだ始めたばかりですが、次はしっかりと比較をし、よく検討をして決めたいと思います。

結局、求人サイトは使わない方がいいの?

転職を急かされて失敗をしたというのなら「求人サイトは使わない方がよさそう」となると思います。ただ、求人サイトを使うメリットがあることも確かです。

  • 転職活動の手間が省ける
  • 希望条件を伝えるだけで目当ての転職先がみつかる
  • 膨大な求人の中から自分にあった職場を探せる
  • 病院のことが事前に分かる
  • 面接、履歴書のサポートをしてもらえる

など使わない方が勿体無いです。そのため転職を急かしてきたら「急いで転職する気がない」ということを伝えることをおすすめします。

急かされたら縁がなかったと割り切る

サポートをしてもらっている担当者に、

  • 早く内定を承諾しないと他の看護師さんに決まってしまいます
  • ここに応募しないと他に応募できる求人はないですね
  • 2週間以内に返事をしないと今回は見送りになるみたいです

などと言われると焦ってしまうかもしれません。転職のアドバイスを聞く姿勢が大事ですが、全てを受け入れる必要はありません。

仮に今日中に決めないと他に決まると言われて、すぐの判断ができないなら「もう少し検討したいので、その場合は縁がなかったと割り切ります」と伝えてみてください。

そうすることで回答時期を待ってもらえる可能性もありますし、他の病院を新たに紹介してもらえることもあります。

転職で最もやってはいけないことは焦って転職をして直ぐに退職をすることです。少しでも心配事があるなら比較検討をして転職を決めましょう。

おすすめの求人サイト

看護師の求人サイトは情報収集をする上で最も頼りになります。もらえる情報量が多いですし、求人票では知ることのできない内部情報が数多く分かります。

どの求人サイトもサイト上では、

  • 転職を急(いそ)がせません
  • 情報収集だけでも構いません
  • 決めるのは求職者さんです

と言っていますが、実際のところは担当するコンサルタント次第で対応はマチマチです。

そのため有効な手段が担当コンサルタント以外の窓口がある求人サイトを使うことです。

担当コンサル以外の窓口があることは様々な効力があります。もしも連絡されてしまうとコンサルの評価が下がるため無理な転職の強要や急かすことがなくなります。

仮に転職を急かされてしまったら窓口に連絡をし、担当コンサルタントを変更してもらうようにしましょう。

ちょっと可哀想かな・・・と思うかもしれません。しかし、転職は人生を大きく左右する大事なことですから、優しさは捨てるべきといえます。

看護のお仕事

看護師のお仕事

ナースではたらこと同じく24時間の連絡窓口があります。専用のフォームから連絡をすることができます。

他社で断られた看護師さんでも相談してみると真剣に相談にのってくれます。若い会社ですが勢いがあり担当コンサルタントが一生懸命頑張ってくれます。

看護のお仕事経由で転職が決まると「転職祝い金」として数万円が支給されるという制度もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ