師長の交替で急変した職場の体験談

師長の交替が原因で退職をした看護師さんの体験談です。

転職前
整形外科(療養病棟)
転職後
整形外科(専門病院)
転職した年齢
26歳
利用したサービス
ナースではたらこ

-----↓体験談は以下から始まります↓-----

最悪な師長への交替

私は整形外科の療養病棟で働いていました。

私が3年いた療養病棟では、師長が変わるまては穏やかで凄く居心地のいい職場でした。しかし、前の師長が定年退職されることになり、52歳の師長が大学病院より配属されてきました。

はじめは、ものすごく感じのいい師長だと思い、私たち若手の看護師の話や相談にものってくれていました。しかし、半年が経ってからあり得ないぐらい最低な他人だと分かったのです。

結局、私はこの師長が原因で転職をしました。

嘘つき、泥棒をするとんでもない師長

この師長は私たちの相談事を事務所や院長に話していたり、ロッカーの中を勝手に合鍵を使って見ていたりしていました。

まず始めに院長に若手の看護師一人一人が院長室に呼ばれました。

そこで私達が相談していたことや言ってもいないことを院長に言っていたのです。

その内容は「給料が安くてみんなで辞めてやる」と言っているや師長をみんなでいじめたり嫌がらせをしていると言うことでした。

給料のことは思っていても口に出したことはありませんし、師長に嫌がらせなどしてもいませんでした。

嘘ばかり言っているのです。院長は師長の言うことを聞いて私達が何を言っても聞く耳持たずで怒鳴られて嫌な気持ちでした。

悔しくて泣いてしまったこともありました。

次にロッカーの中の物が無くなったりしている事件が起こりました。

その事を介護師や看護師のスタッフ間で話していました。

それは決まって師長がロッカールームの掃除をしに行くと言ったときに限ってなのです。

まさかと思いながらもみんなで話して師長がロッカーに行くときは誰か他のものも着いていくようにしました。

そうすると物が紛失することもなくなって行きました。

そして、事務の子に師長がロッカーの合鍵を持ってるのも聞きました。

師長に主任がロッカーの紛失していることなどを話すとあっけらかんと認めました。ただ借りてるだけと言うのです。

そんな師長の言動に呆れて絶望しました。その事を病院側も知っていましたが、何も解決することはなく、その対応はこちらが拍子抜けするほどでした。

本当に今までで一番最悪な師長に出会いました。

転職先が決まるまで待てない

本当は転職先が決まるまでは働くつもりでしたが、待つことは出来ませんでした。

私と同じように辞められる先輩も多く、私も先輩に続いて辞めることにしました。

就職活動ではこの師長の行為は言えない自分がいました。理由はいっても信じてもらえないと思ったからです。

そのため転職理由を聞かれた時には痛いところを突かれることも多く予想以上に大変でした。

しかし、ナースではたらこを使ったことにより、事前にコンサル経由で説明をしてもらうことで無事に転職ができました。

同じ整形外科でクリニックになりますが、以前の経験も活かせており満足しています。

利用したサービス

この看護師さんが利用したのが、スピーディーな転職活動に定評がある「ナースではたらこ」です。

求人サイトのコンサルタントは事前に病院の採用担当(人事もしくは師長・部長など)に話をすることができるため特別な事情等があるケースでも非常に役立ちます。

特に日頃から連絡を密にとっている医療機関なら信頼してもらっているので、この方のように特殊な事情があるとあなたの大きなサポートになるはずです。

このページの先頭へ