役に立たない自分が嫌で辞めた看護師の体験談

役に立たない自分が嫌で辞めた看護師さんの体験談です。

転職前
婦人科
転職後
離職中
転職した年齢
26歳
利用したサービス
現在、仕事から離れています

-----↓体験談は以下から始まります↓-----

充実した新人看護師時代

私は看護学校を卒業後、とある病院に丸2年勤めていました。

最初は新人看護師さんの間では一番人気の科であった小児科に配属

周りの先輩看護師さん方も優しく、ちょっとしたミスも許されない現場なので、わからないことはすぐ聞いたりして、なんとか仕事をこなしていました。

三交代で、時には予定通りに上がれないこともありました。でも、子供たちが少しでも早く楽になるならと、本当に時間も曜日感覚もなく、とにかく仕事に没頭していました。

しかし、プライベートも充実させたいと休みになる度思っていたので、1年目はまだ充実した生活を送れていたと思います。

そうこうして、あっという間に1年が経ちました。2年目も頑張るぞと思っていたのですが、何故か急に婦人科に移ることになり、またゼロから勉強し直さないといけなくなりました。

役に立たない自分が嫌になった

勉強し直す分には全く問題なかったのですが、婦人科というだけあって患者さんもほとんど女性だらけ。

看護師の先輩方も出来るだけわかりやすく、職場に早く馴染めるよう気をつかってくださっていました

しかし、患者さんはそれでもなく情緒不安定な妊婦さんや妊娠に不安を抱える方など様々で、八つ当たりとまではいきませんが、患者さんからよく怒られていました

先輩方は気にしなくても、私は何も悪くないよと慰めてくださいましたが、やはり私の技量や知識不足は否めないので、役に立たない自分が嫌で嫌で、迷惑がなるべくかからない時期をみて辞めることにしました。

それから少し間を空けて、自分なりに休息をとってから復職しようと、今度は実家から通える範囲で就職しました。

小さな病院だったからか、科に関係なく様々なことに対応できることを求められました。

それを半年ぐらい続けたところで、ふと人間らしい生活がしたいと、ぼんやり思いはじめ申し訳ないのですが、辞めさせていただくことにしました。

今は働いていないのでそろそろ就職しようと思っています。

一度辞めて間を空けると慣れてしまって、なかなか働く気力がでてこない自分がいます。

ブランク期間が長くなると不利

当然ながらブランクの期間が長くなると転職では様々な面から不利になります。

辞めてから1年ならまだしも2年3年と経過すると知識も勘も衰えていきます。

そうなると再就職をしても給料も安いですし、希望通りの就職先もみつかりにくいです。

今は夜勤専従などのアルバイトもあるため最初はそういったアルバイトでもいいので、続けておくと再就職もやりやすくなりますので働く気力が回復しないならオススメです。

このページの先頭へ