病院を辞めづらい理由はなに?

古い病院の待合室

ナースは責任感が強い人が多いですし、看護職という職種の事情により辞めたいけど辞めづらいと思うことが多いです。

以下に辞めづらい理由別に解決策のヒントを紹介していきます。辞めづらいと感じている看護師さんは参考にしてみてください。

  1. 師長や部長に退職を伝えるのが怖い
  2. 周りの看護師や病院に迷惑をかける
  3. 過去に退職の引き止めにあってしまった

※クリックで理由毎の対処へ移動します

伝えるのが怖いから辞めづらい

退職を伝えると様々な理由をつけて拒否をする師長や部長、医院やクリニックは院長に伝えるため昔ながらの考えを持っているなら注意が必要です。

特に看護師不足の病院や古い体質の病院ではこの傾向が強くなります。上司が一癖も二癖もある場合は、過去のケースを参考にするのが最善策です。

過去に退職をした同僚に聞いてみてください。同じ手法で辞めることができないか試してみるのですね。

病院関係者にバレるのは嫌だという方は、

  • ナースセンターの職員
  • 人材紹介会社(看護師専門)のコンサルタント

に相談をすると様々な事例を知っています。転職をするつもりはなくても、人材紹介会社は利用可能です。

もしも上司が、

  • 年度末の退職以外は絶対に認めない!(労働基準法違反)
  • 退職の話をしようにも会話の場を設けてくれない
  • 他のスタッフに迷惑がかかると怒りだす

などと罵倒するようなことを言ってきたら、あなたが何をやっても逆効果。一度第三者へ相談をしてみましょう。

なぜならあなたが会話しようとしても相手は話を聞く耳を持たないからです。

相談相手としては大きな病院であれば人事部が望ましいといえます。人事なら社労士の資格を保有していなくても多少なりとも労働法には詳しいです。

退職の拒否が法律違反になることは十分に理解しているはずですから、解決のキッカケになりえます。

人事部がない場合は、非常に苦労をするでしょうが、就業規則を確認し、「退職をする場合は●ヶ月前に申し出る」というマルの部分を確認して申し出てください。

このときには「退職願」ではなく「退職届」とするようにしてください。なぜなら、退職届を提出し、相手が受け取った場合は、後から無効にすることができないからです。

迷惑をかけてしまうから辞めづらい

病院や同僚(看護師達や院内スタッフ)に迷惑がかかるから辞めづらいと思う人も多いでしょう。病棟勤務であれば患者さんに迷惑をかけてしまうというのも多い理由の一つです。

そんなケースであれば、退職までの期間を長めにとっておくと良いしょう。

退職までの期間が長ければ病院側も色々と準備が可能です。

後任の看護師さんを採用したり、引き継ぎがしっかり出来るため迷惑をかけず人間関係を壊さずに辞められます。

一般的には1ヶ月先ですが3~5ヶ月先を目処に退職の意思を伝えてみましょう。

退職を伝えるときの例文(4月に伝えるとき)

「6月末に辞めたいと思っています。ただ引き継ぎや後任の都合もあると思いますので8月までは働くことも可能です。病院としては”この日までは働いてもらわないと困る”という日はありますでしょうか?正式な退職日を遅くても2ヶ月前までに決めたいのですが、いかがでしょうか?」

最長でも○月までには辞めたいと伝えるようにしましょう。

このときには退職願や退職届など退職の意思を伝える書類は必ず提出するようにしてください。

この方法であれば、病院側もあなたの配慮を感じられます。結果的に揉めずに綺麗に辞められます。

ちなみに、この方法は実際に私が8年4ヶ月勤務した病院を辞めるときに使った手法です。

最大限譲歩しつつも、退職する意思を伝えることが重要

過去に引き止めをされたから辞めづらい

もう一度伝えるしかありません。もしも説教をしてきたり、否定してきたりする相手は何を言っても無駄です。

淡々と退職の手続きをする必要があります。

師長がダメなら部長、部長がダメなら人事部門にかけあってください。

人事部がない病院なら全てご自身でやるしかありません。面談の機会を作り退職を申し出るようにしてください。

伝えるのが怖くて辞めづらいで説明した内容と同じく、就業規則を確認し何ヶ月前の申し出で退職できるかをチェックしましょう。

面談ではそのことを伝えるのです。それがダメならもう労働基準監督署に相談をして、状況によっては介入してもらうしかなくなります。

あなたは間違ったことをしているのではなく、間違っているのは世間の常識から逸脱した上司になります。

退職で重要なことは自分優先

自分の気持ちを優先しよう。

辞めたい気持ちを抑えて数年間働くよりも自分の気持ちに素直になることも必要です。

辞めたいと思ったことには理由があるはず。

給料が安い、休みがない、残業が多い、プライベートの時間がないなど…ずっとそんな理由を抱えて働くのでしょうか?

それは職場にとっても、あなたにとっても良いとは言えませんし、年齢を重ねてから「あのとき辞めておけばよかった」と後悔するかもしれません。

退職を伝えることは誰しもが言い出しにくいし、私もお腹が痛くなるぐらい嫌でした。

でも、少しだけ勇気をだすことで、状況が一変することは非常に多いですし、辛いのは一瞬だと思えば少しは気が楽になりますので頑張りましょう。

尚、派遣看護師は派遣先の病院に辞めることを伝えない(一般的に派遣元に伝えて、派遣元から派遣先の病院に伝える)ため辞めやすいという意見もあります。しかし、正看護職員と比べて待遇面や給与面で不利になるためおすすめしません。

このページの先頭へ