初めての転職はどんな看護師も怖い

生活費の計算

新人看護師さん、中堅看護師さん、ベテラン看護師さん、どんな看護師であっても初めての転職は怖いのは当たり前です。

そんな方は転職をするかは転職活動を始めてから判断すればいいぐらいの気持ちで転職活動を始めると気持ちも楽になります。

転職活動を開始すると”必ず転職をしないといけない”という気持ちになる人が多いかもしれません。

でも転職候補先の職場と今の職場を比較してから判断をすればいいのです。

今の病院よりも他の病院の方が良いと思ったら転職をすればいいのですね。

まずは”知る”ことから始めてみてはいかがでしょうか?

  • 自分の年齢の平均給与はどれぐらいなのか?
  • 残業が多いのは他の病院でも同じなのか?
  • どんな教育制度や体制があるのか?
  • 自分のいる地域の病院の平均給与はどれぐらいなのか?
  • 他の病院では勤務時間は長いのか?
  • 病院以外で看護師経験が活かせる職場はあるのか?
  • 子供がいても働いている人はいるのか?

など情報だけ知っていて損をすることはありません。

情報収集をする気持ちで転職活動を始めて転職をする・しないの判断をすれば良いと思います。

転職に対する看護師の不安

初めての転職となると漠然とした不安があるはずです。

  • 就職先はあるのか?
  • 自分の希望条件を満たす勤務先はあるのか?
  • 新しい職場で上手くやっていけるか?
  • 辞めたあとの保険はどうなるのか?
  • イジメのない職場なのかどうか?
  • 転職回数が多くなっても大丈夫なのか?

しかし、このような不安はしっかりとした準備、具体的には情報収集をすることである程度防ぐことができます。

最終的には自分の目でみて、肌で感じて判断をすることになりますが、情報をしっかり集めることで失敗の可能性は格段に下がります。

情報収集の方法

看護師が転職をするときにはハローワークを使うことが多いと思います。

しかし、ハローワーク(ナースセンターも含めて)で知ることができる情報は限られています。

給与、休日、勤務時間、勤務地、職種など求人票で分かる情報のみです。

この情報だけで判断できる人はほとんどいないでしょう。判断出来る人は前々からその病院についてご存知だった方ぐらいです。

それよりも離職率や看護師数、病床数、年齢構成、教育内容、有給消化率、産休取得率、夜勤体制、電カルの有無など看護師なら知っておきたいことを知る必要があります。

こういった情報は看護師専門の求人サイトを利用することで誰でも知ることが出来ます。

無料で使えるので大いに活用してください。

イメージで決めると失敗をする

初めての転職で注意したいのが、イメージで転職をすることです。

自分のイメージだけで転職活動をするのではなく客観的な視点も必要。

その点でも情報収集のできる求人サイトは役立ちます。看護師の転職を支援しているプロのキャリアコンサルタントからアドバイスを受けることができるからです。

転職だけでなく、これからの看護師としてのキャリアにも大いに役立ちます。

転職は今よりも条件の良いところで働くことやキャリアをのばすことが目的。そして、転職の一番良いところは自分の将来を考えなおすキッカケになることです。

他の病院のこと、業界のことを知っている、知らないでは将来的に大きな差になります。

まずは情報収集をするという気持ちで始めてみると良いですよ。

このページの先頭へ