看護師の給料が安い理由

背伸びをする看護師

看護師は世間一般では高給与といわれている職種です。実際のところ国民の平均給与よりも看護師のお給料は高いです。

しかし、一部の病院を除けば給料が高いと感じている看護師さんは少ないです。

では、なぜ看護師は給料が安いと思うのでしょうか?

それは、

  • 一定の年齢になると世間よりも安くなる
  • 働く時間を考えると安い(時給でみたら)

この2つのことが看護師の給料が安いと感じる原因になります。

一定の年齢を超えると世間よりも安い理由

一定の年齢を超えてから「給料が安い」と感じるようになった看護師さんの特徴は30歳以上の看護師さんになります。

一般企業であれば年齢を重ねるごとに給料は増加します。

しかし、看護師はというと初任給こそ高いものの、そこそこの年齢になると世間と変わらなくなり、いずれ抜かされるということが少なくないからです。

その原因となっているのが”昇給額の低さ”にあります。

昇給ってなに?
昇給とは勤続年数(働いている年数)や職務上の昇格に応じた賃金(お給料)の増額のことです。古くからある日本の年功序列においては、働く期間や年齢によって給与が増えていきます。 一方で、実力主義や成果主義といわれる海外では、その人個人の能力や熟練度に応じて決まります。昇格で給与額が決まる病院または会社では、昇格試験がおこなわれることもあります。

解決をするには転職しか道がないのが現実問題といえます。

働く時間が長いのに給料が安い理由

もうひとつの理由としてあるのが”働いている時間”に対する給料の低さです。

働く時間を考えると給料が安いと感じている看護師さんの特徴は中規模以下に勤務する看護師さんが多くなります。

残業代がしっかりと支払われる病院なら良いのですが、待遇のよくない病院になると残業代の未払いが目立ちます。

いわゆるサービス残業といわれるもので、夜勤などで拘束時間が長い上に、勤務時間もながいため給与が安いと感じるケースもあります。

サービス残業に関していえば民間の一般企業でも多いです。病院にかぎらず民間企業でもサービス残業で薄給のところはあります。

つまり、単純に看護師を辞めて一般企業で働いたからといって必ずしも改善されるわけではありません。

看護師を辞めて他の業種へ転職をしても給料は上がりません。むしろ下がることが多いといえます。

例えば治験関連が良いと聞いたことのある人もいるでしょう。しかし、大手を除けば治験でも給料は安い会社はザラにあります。

結局のところ看護師として働くことの方が高い給料を貰いたいなら賢い選択といえます。

27歳の看護師が転職で年収100万アップした事例

転職で年収が100万円以上アップしたという看護師さんもいます。

しかし、目の前の数字にだけとらわれると転職で失敗をします。これは元々の給料が安かったというのも影響しています。

以前の職場が、

  • サービス残業が当たり前だった
  • 夜勤手当の金額が少なかった

というのに対して、新しい職場は

  • 残業代も支給される
  • 夜勤手当が高い

となれば年収100万円以上のアップも可能になります。

例えば毎月40時間のサービス残業があるなら、年収で100万円以上も無給で働いている(※)ことになります。

※平均時給2,000円で計算。実際は残業になると1.25~1.5倍されるためもっと多くなります。

しかしながら転職市場においては看護師の給与がアップすることは多いです。100万とはいかなくても20~30万円アップさせることは事例として少なくありません。

看護師は最初に決まる給料額が超重要!

看護師というか病院の給与制度では昇給額が低いところが大半です。残業代を支払わせる方法なんてのも裁判をするしかありませんから結局非現実的。

そうなると転職しか解決方法が見当たらないわけですが、転職においては最初に決まる給料額がとにかく重要になります。

転職において一番の問題は「自分に支給される金額が不透明」というところです。

求人票の給与欄はレンジでかかれています。

例えば「350~500万円」や「基本給30万円+手当」とかですね。

とはいえ転職の採用試験中(面接や病院見学など)に「わたしの給料はいくらになりますか?」と聞ける人は稀でしょう。

採用されたい気持ちがありますから「私の給料はいくらですか?」と聞きづらいと思います。

そういった方は求人サイトのコンサルタントを利用してみると良いと思います。コンサルタント経由なら「あなたが聞いた質問ではなく応募を検討している人」となるからです。

また実際に試験を受ける受けないは別にして事例も手に入ります。

例えば、

「○○病院は29歳で病棟経験5年の看護師さんが月4回の夜勤手当込で年収450万でした。」という具合に。

転職において情報収集はカギを握ります。上手く活用して転職が成功すると良いですね。

このページの先頭へ