看護師をとにかく辞めたいとき

疲れている若手看護師

看護師を辞めたい理由は人それぞれですが、様々な理由が重なりあって辞めたいと思う人が多いと思います。

「辞めたい理由は一つじゃないです!とにかく辞めたいんです!

こういう人は多いと思います。給与、勤務時間、人間関係、休日…むしろ一つだけが理由で辞める人は少ないかもしれません。

看護師をとにかく辞めたいというときには一度冷静に考えるべきことがあります。

辞める前に考えるべきことは、

  1. 看護師を辞めたいのか?今の職場を辞めたいのか?
  2. 今、辞めて生活をしていくことはできるのか?
  3. 看護師を辞めたら次の仕事はみつかるのか?

という順番でそれぞれ考えてみるようにしましょう。

看護師を辞めたい?職場を辞めたい?

最初に考慮すべきことが看護師を辞めるのか?職場を辞めるのか?ということです。

辞めたい理由によっては他の病院で働くことも検討してみるといいでしょう。

なぜなら看護師から他の仕事に変えた場合は確実に給料は減ることになります。

看護師の資格を活かせる治験関連であってもほぼ必ず給料は減ります。未経験なわけですから仕方がありません。

理由は、給料・人間関係・休日など条件や環境が影響しているなら一度他の病院がどんなものかを調べてみるといいでしょう。

考えがガラッと変わることは少なくありません。

今、辞めて生活をしていけるか?

辞めることは決断した。でも、生活をしていかなければなりません。

寮にはいっている人は退寮しなければいけませんし、当面の生活費を確保する必要があります。

目安としては最低でも6ヶ月間+αぐらいは無給であっても生きていけるようにする必要があります。

例えば、アパートやマンションを借りて一人暮らしをするなら最低でも150万円は必要になります。

家賃だけでなく、光熱費や食費など目に見えるお金の他に保険料や税金が必要になることを忘れないよう注意が必要です。

実家ならその半分以下で生きていけます。ただし、実家でご飯が出るというのが前提条件です。

看護師を辞めたら次の仕事はみつかるのか?

就職活動をすればみつかります。ただし、すんなりと決まることは非常にすくなく、次の職場がみつかるまで時間がかかるということだけは理解しておきましょう。

看護師の転職なら別ですが、異業種への転職には時間がかかります。

特に年齢が高いとなおさらです。医療業界は非常に特殊で民間であれば一般常識ということを知らないケースも多く、未経験での転職は想像を絶する大変さです。

看護師さんの書いたブログや掲示板には異業種に転職できたという話もありますが、それはごく少ないケースであったり、正社員ではなく派遣社員や契約社員、パートやアルバイトということも少なくありません。

尚、正社員以外での就職は絶対に辞めた方がいいです。今は大丈夫かもしれませんが、数年経過してから後悔することが多いです。

時間がかかることから一個人としては、看護師として働きながらの転職活動をオススメします。

ただし、限界だと感じていたり、すぐにでも働きたいなら一時的に派遣で働くという手段は選択肢としてありだと思います。

看護師の派遣は時給も高く、また仕事も多いですから、派遣で生活費を稼ぎつつ次の職場を探すことができます。

派遣看護師については「こちらのページ」にインタビュー記事を掲載しています。

少し動くだけで結果は大きく違う

結果的に看護師を辞めることを決断したのであれば、少し動くだけでも結果は大きく異なります。

最初の一歩は重いかもしれません。しかし、ちょっと踏み出せば結果は大きく違ってきます。

例えばハローワークに求職者登録をしたり、求人サイトに登録をすれば、他の病院の情報が手に入ります。

自分が働いている病院と比較ができるはずです。

  • 給料の差に愕然とするかもしれません
  • 休みの少なさに驚くかもしれません

でも、そうやって他の病院のことを知ることが”動くキッカケ”になります。

病院以外の施設情報もみてみましょう。

どんな経験が活かせるのかや病院との違いを実感できます。

病棟の方がお給料はいいけど、働く時間が少ないかもしれません。

毎日定刻に帰れるならプライベートも充実するかもと想像するのも楽しいです。

看護師をとにかく辞めたいなら動いてみることです。

その一歩として求人サイトやハローワークに登録をすることはすごく良いことです。

転職をするしないにかぎらず今の環境と比較ができます。

もっといいところがあるかもしれないですし、どこも同じと感じるかもしれません。

今の職場の方がいいやと思って、吹っ切れて仕事に集中できるかもしれません。

動かなければ何も変わらないのです。

ちょっと勇気をだして一歩を踏み出すことが大きな一歩に変わることがあります。

このページの先頭へ