やりたい看護ができない理由

病院

今の職場じゃやりたい看護ができない

あなたは今の病院に勤務するときに、

  • 看護部長の話を聞きましたか?
  • どんな看護観を持っているか聞きましたか?
  • 看護部の方針を確認しましたか?

もししていないなら就活の方法が少し足りなかったのかもしれません。

自分の理想の看護をしたい。

それなら就職をするときに最低でも看護部長や看護師長と会話をする必要があります。

新卒のときにはそういった機会も少ないですし、働いていく中で考えがまとまっとという方も多いと思います。

そのため転職においては必ず看護部長や看護師長と会話をして確認してみましょう。

  • 看護部長が目指す看護とは何であるか?
  • 患者さんとどう関わっていくのか?
  • 看護部の方針はどうなっているか?
  • 病棟の理念を実現するため何かやっているか?

など面接の中で質問をする時間があるので問いかけてみてください。

ただし「あなたはどんな看護がしたい?」と質問されるかもしれません。

そのため自分の考えを言葉にできるようにしておいてください。

なぜそう思ったのか?などその考えに至ったルーツや理由も含めて答える必要性があります。

例えば「色々な病棟を経験する中で清拭や褥瘡予防など徹底してケアしたいと考えるようになった」や「エンドステージの患者さんと接した中で心電図すら読めず悔しい想いを経験したとき専門看護師になって看護のプロになりたい」と思ったなどです。

今の病院で出来ないかも考えよう

転職を考える前に今の病院でも一度看護部長と話をしてみると分かりあえることもあるかもしれません。

実は考えは同じだけど実現できていない現状があるというケースです。

  • 理想は○○だけど、現状は出来ていない
  • 人員不足でできていない
  • 目の前の問題が山積みで手をつけられない

それならどうやって実現するのか?を一緒になって作っていくというのも大変やりがいがあると思います。

もちろん大変ではありますが、今の職場は働きやすさを感じているならなおさらです。

ただし理想はあるにはあるけど、行動をしていないならどこかで見切りをつける必要もあります。

理想だけを語り行動が伴わないということは非常に多いですから。

転職では職場の見学を必ずする

ナースステーション

仮に転職をするならあなたのやりたい看護ができる職場である必要があります。なぜなら、そうでなければ次の職場でも「辞めたい」となってしまうからです。

そのためにも病院見学は必ずおこなう必要があります。

多くの病院で見学会は開催されていますが、ひとつだけ気をつけることがあります。

それは試験に合格する前に病院見学があるかどうかです。

病院によっては内定後にしか病院見学を実施していないところもありますが、それでは遅いです。

病院見学をする上では必ず面接当日などにおこない働くナースの雰囲気や仕草、行動などチェックするようにしましょう。

このページの先頭へ