看護師の退職の疑問

退職の疑問一覧

お礼奉公は労基法違反!?

看護学校の奨学金を払ってもらう変わりに卒業後、一定期間は肩代わりしてもらった病院で働かなければならない「お礼奉公」

看護業界に古くからある制度ですが、もしもお礼奉公期間に退職をしたくなったときは辞めることは出来ないのでしょうか?

一人でもOKの医労連への入会方法

病院に労働組合がない方におすすめの医労連(日本医療労働組合連合会)。

医労連の医療・介護・福祉ユニオンに加入することで、メールや電話で労働相談ができます。

円満退職をする2つのポイント

できることなら誰もが円満退職をしたいと思うものです。

現在、働いている職場を円満に辞めるためには退職を伝える順番と伝えるタイミングに気をつけることで円満に辞めることが可能です。

解雇宣告をされたときの対処法

もしも不当に解雇されてしまったときには、何か対処方法はあるのでしょうか?

後から不利な状況に追い込まれないようにするためにも解雇をされたときには正しい手順で冷静に対処しなければなりません。

看護師が退職後にやることリスト

看護師を退職したときには様々なことをやっておかなければなりません。

退職後に手続きが必要な「雇用保険・健康保険・年金・税金」の手続き方法を説明しています。

看護師が退職前にやることリスト

看護師を辞めた後には保険等の手続きが必要になります。

しかし、退職後は忙しいことも多くついつい忘れがちに。抜かりなく手続きを進めるために退職前に確認をしておくべきことを紹介しています。

辞められないときの最終手段

「辞めたいのに辞められない。」

このような悩みを抱えている看護師さんは少なくありません。退職ができない看護師さんの最終手段の方法を説明しています。

辞めるときに必要な覚悟

看護師を辞めるときに絶対にやってはいけないのが勢いで辞めることです。

辞める前に冷静に判断をしなければ転職を繰り返す負のスパイラルに陥ることもあるので注意が必要です。

退職に関わる保険・年金・税金の手続き

転職先が決まっていても保険の手続きをしなければならないこともあります。

ここでは退職に関わる保険や税金の手続きの注意点を説明しているので、転職で1日も空白期間が空かない方以外は参考にしてください。

退職の引き止め回避マニュアル

退職の引き止めにあうことは少なくありません。

もしもあなたの勤務している病院で引き止めの可能性があるなら事前に回避するために必ず確認をしておきましょう。

退職回数4回の看護師が教える御礼品の選び方

いざ退職が決まって気になることが退職日に配る御礼品です。

御礼品選びにお悩みの看護師さんは配る相手、配る部署に注意をするといいでしょう。

退職前の転職活動は良いの?

退職前の転職活動はダメだと思いがちですが、誰にでも職業選択の自由があり禁止ではありません。

しかし、古い体質・考えのある病院では「退職前の転職はNG!」と思っている人もいるので、大ぴらに活動することは控えるべきといえます。

転職、契約終了、解雇、廃院による退職の違い

退職と言葉にしてみても、退職にはいくつか種類があります。

退職の種類によって転職活動にも影響があるため、種類別に退職のしやすさを記載しています。

未払い残業を無料で相談できる窓口

未払い残業がある病院で働くことは年間で数百万円以上も損をすることがあります。

サービス残業でお悩みのときに法律の専門家に無料で相談できる窓口を紹介しています。

失業保険とお祝い金、もらうならどっち?

病院を辞めて次の職場が決まっていない看護師さんは「失業保険」を受け取ることができます。

ただし、失業保険は退職理由によっては受給まで時間がかかりますし、金額も年齢によって上限があります。

サブコンテンツ

看護師さんの退職は難しい

一般企業であれば退職をすることはそれほど難しいものではなく手続きを踏めば多くは退職を伝えてから1ヶ月でできるようになっています。

しかし、看護業界(病院)では簡単に退職ができないばかりか、退職を認めないとする職場が少なからず存在しています。

もしも退職ができなくてお悩みの方はお気軽にご相談いただければと思います。内容によって答えらる範囲は回答し、法律的な部分は相談できる窓口を個別にお伝えしています。

このページの先頭へ