辞めるときに必要な覚悟とは?

強気の女性

辞めるのは本当に今ですか?

看護師を辞めるに少なからず覚悟が必要です。

「辞めたい。辞めたい。」と思っていても覚悟がなければ動けません。

退職時に必要な覚悟とは「どんな選択をしても転職後に後悔しない」と断言できるかだと思います。

転職後に後悔をした看護師は、

  • 情報収集不足だった
  • 他人の言うことを鵜呑みにした

など転職時に準備不足だったことを後悔しています。

勢い任せで辞めることの全てが悪いことだとは思いませんし、実際に辞めるときというのは、ある種の勢いも必要ではあります。

しかし、一度冷静になって考えるべきと思います。辞める決断をするのは今ではないかもしれません。

「辞めたいときが辞めるとき」なんて言葉は信じるべきではありません。

辞めたい理由は何ですか?

あなたが看護師を辞めたい理由は何でしょうか?

給料?勤務時間?人間関係?師長が嫌?休みがない?

いろいろとあると思います。不満を持つことは悪いことではありません。

人間なら誰でも不満を持つはずです。しかし、転職をして次の職場でも同じだったらどうしますか?

  • 別の新たな悩みがでたら?
  • もっと悪くなったら?

「看護師だから転職先はいくらでもある。」

こんな考えを持っていると転職を繰り返す負のスパイラルにはまってしまう可能性があります。

確かに看護師の求人は多いです。でも、不満を解消できない職場にいくら転職をしても意味がありません。

転職回数が多くなればなるほど不利になります。

これが徐々にステップアップしていく転職なら市場価値は高く評価されます。しかし、単なる転職を繰り返していくと、こんな職場しかないの?という日が訪れます。

覚悟を持って辞めるには、きっちりリサーチをしたか?が重要になります。

  • 今の病院の良いところを理解しているか?
  • 自分の市場価値を理解しているか?
  • 転職先と比較をしたか?

を転職前に調べているかで看護師としての将来が決まります。

今の病院の良いところはないか?

転職となると不満だけにフォーカスをしがちです。しかし、今の職場で満足している点はないでしょうか?

例えば、給料は安いけど人間関係は良いとか。では、転職をして給料は良いけど、いじめにあったらどうしますか?

あなたは耐えられるでしょうか?
転職で給与アップするのは多くても100万円。ほとんどは20~30万円です。

働きづらさは、20~30万円の価値があるでしょうか?

自分の市場価値はどれぐらい?

転職を決める前にまずは自分の市場価値を把握してください。

市場価値が分からなければ転職をしても正当な評価は受けられません。

では市場価値は誰が決めるのか?
あなたではありませんあなた以外の第三者です。

病院の採用担当、看護部長や看護師長、コンサルタントなど。手っ取り早いところでいえば求人サイトで紹介をされる求人の質をみてください。

経歴を説明し、紹介される求人はどんな求人でしょうか?

残念ながら同じ給与、休みも同じぐらい、仕事内容も今と同じなら、あなたは転職をしても意味がないかもしれません。

インターネットの掲示板では「良い求人がない」とぼやく人もいますね。

ただですね、それはその人に良い求人が紹介されないだけです。残念ながらスキルが足りないか、自分の経歴を伝えられていないのですね。

スキルが足りないなら転職をするには少し早いということです。

経歴を伝えられていないというとコンサルタントが看護師の仕事を分かっていないという人もいます。であれば分かるコンサルタントに変わってもらいましょう。

求人サイトの良いところは情報収集以外に、自分の市場価値を知るという面でも役立ちます。

転職先と比較をしたか?

良い求人があった、今の職場よりも良いと思ったとします。

では、あなたは今の病院よりも転職先が良い理由を話せますか?

どうしても隣の芝生は青く見えます。
だからこそ冷静になって転職先と今の職場の比較をしてください。

給与、休日、仕事内容、看護師数、病床数、教育制度、有給消化率などありとあらゆる項目で比較をします。

その上で冷静に見比べて判断をしなければなりません。特に不満が大きければ大きいほど比較はしてください。

不満の項目は転職先の方が良かったけど、他の項目では今の病院の方が良いということは多いです。

辞める覚悟ができたとき

  • 今の病院の良いところを理解しているか?
  • 自分の市場価値を理解しているか?
  • 転職先と比較をしたか?

上記の3つを調べても辞めた方が良いと決断できたなら早めに行動をとることが重要です。

なぜなら決断をしても時間が経てば人間は忘れますし、決断が揺らぐことが数多くあるからです。

一度辞める決断をしたにも関わらずヤメないと数年後に後悔することがほとんどになります。

決断ができたのなら今があなたにとっての”辞めどき”となるはずですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ