看護師が退職前にやること

チェックリスト

いざ退職となるとやるべきことがあるにも関わらず忙しさのあまり忘れてしまいがちです。以下に看護師が退職前に「やるべきこと」と「やっておいた方がいいこと」を紹介します。

尚、退職後の転職先が決まっている人と決まっていない人で確認すべきことも変わってきます。ご自身の状況に応じて確認をしておきましょう。

共通で確認しておくべきこと

転職先が決まっている、決まっていないに関わらず確認しておくべきことは以下の3つのことになります。

  • 後任への引き継ぎ
  • 有給休暇の消化
  • 雇用保険・健康保険・年金の手続きの準備

後任への引き継ぎ

まずはきっちりやっておくべきことが仕事の引き継ぎです。
円満退職をする上でもしっかりと引き継ぎをしましょう。

引き継ぎが不十分だと同僚の看護師も困るでしょう。また、あなたが悪くはなくても問題が起きると「辞めたあなたに責任がある」とされてしまいます。

関係がないからどうでも良いと思うかもしれませんが、引き継ぎが不十分だと辞めたあとに電話がくることもあります。

関係のなくなった病院から何度も連絡があるのは、はっきり言ってかなり面倒です。

引き継ぎのポイントは文書化

引き継ぎをバッチリとやるときにおすすめが文書化することです。

文書化したら必ず引き継ぐ担当看護師だけでなく看護師長など上司にもチェックをしてもらうようにしてください。

文書化することで「説明してもらってない」ということがなくなります。また、文書化することで自分のやってきた仕事に対してより理解が深まるためおすすめですよ。

振り返りをした経験は次の病院でも活かすことができると思います。まだ転職活動を開始していない方にとっては、経験の棚卸しにもなります。

有給休暇の消化

恐らく多くの看護師さんは有給休暇が余っているはずです。可能なかぎり消化するようにしましょう。

買い取りをする病院であれば使わなければお金になりますが、そのような職場はごく少数でしょう。

一気に使うことが難しいので退職を決心したらこまめに取得すると消化しやすいです。

雇用保険・健康保険・年金の手続き

退職後には保険や年金の手続きが必要になります。

以下にそれぞれの確認項目を記載いたしますので、退職後にアタフタしないように事前にチェックをしておくのがおすすめです。

雇用保険

雇用保険被保険者証の有無の確認
離職票の受取方法の確認

雇用保険は、転職先にいつ入職するかによって手続きも変わります。
1ヶ月以上の空白があるもしくは就職先が決まっていない場合は、国民保険もしくは被扶養者になる必要があります。

年金

年金手帳の有無を確認

一般的には、ご自身で保管していることが多いですが、病院によっては病院の総務で保管・管理していることもあります。

ご自身で保管しているのかわからない場合は、勤務先の総務担当者へ確認をするといいでしょう。

もしも紛失してしまった場合には年金手帳の再発行が必要です。再発行には「年金手帳再交付申請書」を指定の場所に申請する必要があります。

申請場所については市区町村役場、年金事務所など年金の種類によって異なります。

健康保険

健康保険証の返却(退職日)

退職をしたら当然ながら現在の健康保険証は使用できません。有給休暇の消化をする場合には、いつ保険証を使うか分かりません。

退職日にわざわざ病院に行きたくない方も多いでしょうから、郵送でも良いか確認をしておくと良いですよ。

尚、税金については退職所得の受給に関する申告書を提出する必要があります。

税金については辞める前にやっておくことはそれほど多くはありません。やることとしては退職後になります。

求人サイトを使っているなら活用しよう

退職するにあたって確認することはたくさんあります。しかし、保険や税金関係は複雑で何だか良くわからないことも多いでしょう。

そのときに便利なのが退職のサポートをしてくれる求人サイトです。

無理に使う必要はありませんが、既に利用中であれば手続きなどやることを確認してみてください。

求人サイトのコンサルタントは過去に多くの看護師をサポートしています。そのため保険関係にも詳しいことがほとんどです。

忘れがちなことや保険に必要なこと、退職前にやっておいた方がいいことなど様々な面でサポートしてくれます。

特に保険関係は1日でも過ぎると大きく損をしたり、後が大変になることもしばしば。事前に確認をしておくことで、スムーズに退職をすることが出来ますよ。

転職先が決まっていない看護師の確認項目

  • 失業保険の受取方法および内容の確認
  • 退職後に必要な生活費の計算
  • 看護師寮の退出関係の確認および新居の確保

失業保険の受給

失業保険は受給条件の確認(新人看護師は受け取れない可能性あり)と受給までの期間や金額を確認しておきましょう。

失業保険については「失業保険とお祝い金、もらうならどっち?」のページで詳細を説明していますので参考になさってください。

退職後の生活費の計算

当然ながら貯金を切り崩して生活をするわけですから生活費の計算をする必要があります。

忘れがちなのが税金の支払いですので、その点も頭にいれておいてください。

場合によってはアルバイトをすることも想定しておくといいです。出来れば生活費程度はアルバイトで稼ぐというのが良いですね。

寮の退出

寮をでるときに費用が発生しないか?を最低限確認をしておきましょう。

多くの人は実家に戻ることが多いと思いますが、もしも一人暮らしをする場合は、家賃の他に初期費用もかかりますので念頭においてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ